女優たちの堂々としたすっぴん秘訣、完璧クレンジング VS 集中保湿


最近は完璧に飾った姿よりも化粧を最小化したりほとんどしない女優たちのすっぴんが目を引く。

厚く濃い化粧よりも自身の肌をそのまま生かした透明メイクアップが人気が高く、表面に見える肌よりも実際にも良い肌を好む傾向のためだ。そのため大衆たちは女優たちの派手なメイクアップの秘訣よりもきれいな肌維持の秘訣に対する関心が高い。きれいにクレンジングしたり、集中的な保湿を通して透明でしっとりした肌を作る女優たちのノウハウについて覗いてみよう。

▶完璧クレンジング派…コ・ヒョンジョン、キム・テヒ、チョン・ドヨン、ハン・ジミン


肌がきれいな女優たちがスキンケア段階から一番重要に考えていることは徹底した洗顔だ。洗顔は朝に始まるスキンケアの最初の段階であり、寝る前一日中苦しめられた肌に対する回復と沈静させる最後のスキンケア段階でもある。

だから女優たちの場合、普段の洗顔法もまた徹底して厳しいことで有名だ。その中でコ・ヒョンジョンの「産毛洗顔法」が代表的な例。洗顔剤の泡を十分に立てた後、顔の産毛に沿って優しくなでることが特徴だ。頬の内側から外側に、再度外側から内側に泡を立てた後、温かい水で洗い落とせば良い。

キム・テヒは洗顔時に肌の摩擦を小さくするために手をつけず水を弾いて洗顔するとその秘訣を明かしたことがある。顔を洗うときに肌を擦れば軟弱な部分にしわができやすいため、最大限手が顔の皮膚を触らないように水を顔に弾かせて洗顔するのだ。

またチョン・ドヨンは洗顔剤は使用せず、熱いお湯だけで顔の油分を溶かした後にぬるま湯と冷たい水を30回ずつ交互に顔をすすぐ。約100回ほど同じ方法で洗い流すのでいわゆる「100回すすぎ洗顔」として有名だ。
女優ハン・ジミンもあるインタビューを通じてクレンジングに対する重要性を強調した。彼女は肌への刺激を最小化させるためオイルクレンジングを使用する。十分な量のオイルを顔に塗りすぐに洗顔するよりも優しくローリングした後に洗顔し、水を少しずつ濡らしながらもう一度マッサージしてやる。

▶集中保湿派…キム・ナムジュ、チャン・ミヒ、コ・ソヨン、ソン・ヘギョ


女優たちが挙げる肌管理の秘法中、クレンジングの次に強調することがずばり肌の保湿だ。有名女優たちのメイクアップを担当してきたメイクアップアーティストのソン・テシクとパク・テユンは洗顔後の3秒が肌年齢10年を左右するという「3秒保湿法」を強調し話題になった。

3秒保湿法は洗顔を終えた肌に水分が完全に乾く前の3秒のケアがしっとりした肌を左右するため、即時的な水分供給の重要性を伝えた。キム・ナムジュは洗顔後、水気が完全に乾く前にすぐにオイルを塗る「オイル保湿法」で話題を集めた。これはフェイシャルオイルを保湿クリームと共に重ね塗りすれば保湿効果を倍増させることができ、肌の油水分バランスを合わせることができる。

コ・ソヨンは童顔肌の維持の秘訣にマスクパックを挙げた。あるケーブル番組で長時間の旅行中に乾燥した機内でマスクパックを付けて寝るなどノウハウを明かし、肌保湿の重要性を強調した。パックが出来ないときはタオルに熱い湯をつけてスチームタオルとして活用しローションを合間を見て塗り普段の肌水分を維持することが良い。

女優ソン・ヘギョは最近ドラマでくすみがなくきれいで完璧な肌で視線を集めている。彼女は自身のフォトエッセー「ヘギョの時間」で一日2リットル以上水を多く飲むよう努力していると明かした。このように高機能性ビューティアイテムを使用することも良いが、飲む水だけでも肌の水分供給することができる。

保湿ブランドのダーマ-ビー(Derma-B)のクォン・ヨンジンブランドマネージャーは「最近ビューティ業界では保湿剤市場を中心に、化学成分を最小化しピュアでマイルドなクレンザーと保湿製品が多様に披露され、女性消費者から大きな好評を得ている」とし「女性たちは段階別に多様な製品たちに接するが、毎日使用するクレンジングと保湿だけは基本に戻って肌に刺激がないピュアで安全な製品を選択することが重要だ」と助言した。
  • MKファッション_キム・ヘソン記者/写真_Photopark.com
  • 入力 2013-02-21 10:29:32