防弾少年団のパジャマ&ギャングスター・ルック完全征服


音楽的力量に劣らずファッションでも人並み外れたセンスを示す防弾少年団がWINGSコンサートに先立って公開したコンセプトグラビアでは反抗期を高級感で重武装した彼らだけの創造性を浮き彫りにした。

わずか数ヶ月前、このグラビアで防弾少年団のメンバー7人は、パジャマをクラブウェアにしたかと思えば、ギャングムービーに登場しそうなスタイルに色を加えてミックスマッチすることでラグジュアリーにアップグレードして女性たちも真似したいと思わせる魅力的なファッションを完成した。

▶パジャマルック …シルク素材でファンキーに

パジャマルックの核心は、誰が見ても首をかしげたくなるほど原型を留めたデザインと素材を選択するものの、全体的なスタイルは緊張感を解放してはならない。

ジョングクはブルーのシャツとネイビーのシルクパンツにローブをアウターとして羽織り、パジャマを原型のまま取り入れたが、トーンオントーンカラーとパターンの組み合わせがアウトウェアとしても遜色なくバランスをとった。ピンクスーツを選択したシュガは典型的なシルク素材のパジャマとファーミュールをスーツと合わせて高級感のあるパジャマルックとフォーマルルックの接点を作った。

これだけでなく、J-HOPEのスパンコール素材のローブスタイルカーディガンとブラックジャージ、Tシャツの組み合わせや、ジンの独特なグラフィックパターンのショールカラーアウターなど、2017バージョンのパジャマルックを完璧に着こなした。

▶ギャングスタルック…カラーで気だるげに

一方、ラップモンスターはスカジャンを連想するようなゴールドカラー、Vはベロア素材のビビッドなブルーボマージャケットでファンキーコードを加えたギャングスタルックを演出した。この強烈なアウターとは異なり、ピンストライプスラックスとブラックスラックスのフォーマルアイテムでミックスマッチを試み、セミワイドなシルエットが今回のコンセプトの気だるいムードを維持した。

白いシャツとゆるめのワイドベージュスラックスを選択したジミンもシャツにタトゥーのような強烈な模様がプリントされているギャングスタルックコードを逃さなかった。

▶防弾少年団に追いつく1秒TIP

シュガのゆらゆらとしたシルク素材のカラースーツはスタイリングに応じてセパレートでも、セットアップとしても多様に変身できる。特に、昨年まではパジャマシャツを選択したが、今年はジョングクのようにシルク素材やパジャマのようなディテールが加わったパンツを選択してこそ、真のファッションアーリーアダプターと言える。

これだけでなくJ-HOPEとジミンのスパンコールとショールカラーのカーディガンは夏までエッジの効いたスタイリングが可能で、今買っておけば冬を除いて有効に活用することができる。

また、白いシャツもジミンのように大きなプリントがポイントのものを選択し、ボマージャケットはラップモンスターとVのように明るいカラーや素材で脱皮するとスタイリングに応じて多様に変身する楽しさを感じることができる。
  • シックニュース ハン・ソクイン 記者 / 写真=防弾少年団インスタグラム
  • 入力 2017-04-20 08:42:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア