「アウターの重ね着」ユ・スンホ-テミンのクール・アンド・ホットなレイヤード技術


冬になるとパディングジャンパー(ダウンジャケット)とコートの間で躊躇する。保温は断然パディングジャンパーだが、スタイルを放棄できない人たちは氷点下10度まで下がる厳しい寒さにもコートやジャケットを固守する。

パディングジャンパーなしに体温を高めてスタイルまで取る方法は、重ね着の中で最も高難易度の技術を必要とするアウターの重ね着だ。

去る12月1日に「2017 MAMA in香港」に参加したテミン、去る11月28日にファッションブランドのイベントに出席したアイリン、12月4日にMBC『ロボットじゃない』制作発表会に参加したユ・スンホは、レッドカーペットからデイリールックまで活用可能なアウターの重ね着ルックの望ましい事例を見せた。

ひとまずアウターの重ね着を試みる時、ともすれば「トゥーマッチ」に飛び火する可能性があるだけに気をしっかりと整えなくてはならない。

最も難易度レベル最上位は「コートの上にコート」で、コートを重ね着する時は素材がカギだ。テミンとアイリンは素材とデザインが同じ2着のコートを重ね着することで、存在感200%のスタイルを完成させた。

コート2着を重ね着ることは、物理的、視覚的に重みを加重して負担になる可能性がある。したがってテミン、アイリーンのように外側に着るコートは肩にかける方式がスタイルのバランスを合わせられる。しかし、授賞式のような特別な状況でないなら、肩に常にかけていることはないため、アイリンのようにインナーウェア用コートをベストとして選択すると、状況に応じて着る方法を変えればさまざまなスタイルでも変身が可能だ。

コートの上のコートがパーティールックのような存在感で目立つなら、ジャンパーの極端な組み合わせはストリート感性で「ヒップ」な魅力が利点だ。

ジャケットあるいはコートの上にジャンパーは、有名なデザイナーのランウェイで試みられた方法で、ユ・スンホのようにフォーマルジャケットとスポーツジャンパーのミックスマッチはキャンパスルックはもちろんオフィスルックにも活用可能だ。

今年最もホットなキーワードとして挙げられるブラックとホワイトの配色のギンガムチェックスーツにグリーンとイエローが配色された野球ジャンパーを重ね着し、スタイル指数を引き上げた。ユ・スンホはここで終わらず、ジャケットの中にレッドのカーディガンを着て、まったく違う3つのアウターを重ね着して痩せた身体の利点をフルに活用した。

カーディガンやバイカージャッキー、あるいはデニムジャケットの上にコートはよく試みるアウターの重ね着だ。しかし、コートの上のコート、ジャケットやコートの上のジャンパーの組み合わせは、容易に試みようとするのは難しいだけに着た時の視覚的刻印効果が大きい。
  • シックニュース ハン・スクイン記者 / 写真=キム・ヘジン記者、Mnet提供
  • 入力 2017-12-07 06:57:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




    • question
    • question
    • mottomottokorea.com
    • dewytree
      • facebook icon
      • google icon
      • twetter icon
      • RSSFeed icon
      • もっと! コリア