パク・ソジュン、パク・ヒョンシク&防弾少年団V&チェ・ウシクなど親友たちについて語る


俳優パク・ソジュンが雑誌『HIGH CUT』の表紙とグラビアを飾った。

パク・ソジュンは29日に発行される『HIGH CUT』でスポーティースタイルを見せた。ロングダウンジャケット、アノラックジャンパー、パーカーなどスポーティな服でストリートムードを演出した。普段、よく着ているスーツスタイル、ポマードヘアスタイルとは全く違う感じだ。チェック柄のジャンパーに帽子をマッチさせたり、ジャンパーやインナーをオールブラックに統一して洗練されたスポーティースタイルを完成させた。

撮影後のインタビューでパク・ソジュンは次期作『使者』でオカルトジャンルに挑戦することになったことについて、「ジャンルでいうとオカルトのように感じると思うんですが、ストーリー自体に注目すると温かい映画だと感じると思います。『使者』は草稿の時点から面白そうだと感じました。前から挑戦してみたかったスタイルでもありました」と話した。


『キム秘書がなぜそうか』で漫画のようなセリフと設定を自然に消化することができた秘訣についても明らかにした。「1番難しかった気がします。原作を知っている人々の期待値もあり、原作の雰囲気を固守しながら、新しさを見せることにとても負担を感じました。イ・ヨンジュン特有の話し方を作り出すまでにも長い時間がかかりました。このような話し方には、どのよう動作をつければリアルに感じるかについてもたくさん悩みました。そんな悩みの中でも『こういうキャラクターを演じることができる機会が今後、僕にあるだろうか?今の僕の年齢がちょうどいい時期なのではないか?』と思ったんです。あ、こういうことも思いました。今後、より多くのウェプトゥーン原作の作品が出てくると思いますが、イ・ヨンジュンのようなキャラクターもたくさんいると思います。視聴者がこのようなキャラクターに慣れる前に僕が最初にしてしまおうじゃないか(笑)そうすればその分、新鮮に感じますからね」と言いながら笑った。


防弾少年団のV、パク・ヒョンシク、チェ・ウシクなど親しい「弟」が特に多いことで有名なパク・ソジュン。彼は「彼らと会う時は、特に僕が年上という自覚がなくて(笑)彼らが僕にタメ口を使わないだけで実際は友達のように過ごしています。どうしても最近の作品では、主に年上の方より年下の方と一緒にしているので自然に縁もそんな感じになっていきました」と答えた。

パク・ソジュンのグラビアは『HIGH CUT』231号で出会える。
  • 毎日経済 スタートゥディ ヤン・ソヨン記者 / 写真=「HIGH CUT」
  • 入力 2018-12-05 05:21:51.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved