チェ・ジニョク、熱演中の「皇后の品格」ナ・ワンシク役の魅力について語る


『皇后の品格』でチェ・ジニョクの強烈なグラビアが公開された。

シングルのためのファッション雑誌『Singls』が大人気放送中のSBS水木ドラマ『皇后の品格』で秘密を秘めた人物、ナ・ワンシク役として好評を得ている俳優チェ・ジニョクの男性美溢れるグラビアを21日に公開した

今回のグラビアでチェ・ジニョクはさらに深まった眼差しと雰囲気でカメラを圧倒して魅力的な男性の姿を見せて完璧なグラビアを完成させたという話だ。

『皇后の品格』は水木ドラマ全体で視聴率1位を占め、多くの視聴者から愛されている。チェ・ジニョクが劇中のナ・ワンシク役を選ぶことになった決定的なきっかけについて、「元々は他の役のオファーを受けました。でも不思議とナ・ワンシクというキャラクターに惹かれました。悪の勢力と戦う点に魅力を感じました」とキャラクターに対する愛情を表わした。俳優はフィルモグラフィーで評価されるので作品を選ぶ目が重要だ。チェ・ジニョクは「徹底的に大衆の目で見ます。僕が引き立ってかっこよく見える役ではなく、シナリオを読んだ時に面白いかが重要ですね」と作品を選ぶ基準について語った。

劇中、ナ・ワンシクを動かす力は復讐だ。チェ・ジニョクは「やってみたいことはダメでも挑戦してみるのが自分をやる気にさせる原動力です。どんなことでも一度、すると決めたことは振り返らずに最善を尽くそうと努力します。演技も同じです。モニタリングをしながら、『ああ、あの時、もっと頑張っていたら』と後悔するのが嫌なんです」と話した。

今年でデビュー13年目を迎えたチェ・ジニョクは俳優として目指す点について、「演技が上手なことです。それ以外は特に考えてみたことがないです。どんなセリフや演技でも、自分の方法で表現することも俳優の能力だと思います。個人的にはイ・ビョンホン先輩の演技が好きです。見ていると、本当のように感じ魅了されるんです。言い方、ジェスチャー、行動一つ一つが演技ではなく、ただ、その人のように自然に見えるんです」と演技に対する考えについても明らかにした。

視聴率急上昇中のドラマ『皇后の品格』は今後、ナ・ワンシクの本格的な復讐劇でクライマックスに突入する予定だ。

チェ・ジンヒョクも「本格的な復讐劇が描かれるので、最後まで楽しんで見ていただければ嬉しいです。チュ・ドンミン監督が常にナ・ワンシクは4番打者だ。切り札だとおっしゃっています」と言って視聴者の期待を高めた。

新年の新しい気運を受け、2019年は休まず作品活動をしたいと言う俳優チェ・ジニョクのグラビアとインタビューは、『Singls』1月号と『Singls』のモバイルサイトで確認することができる。
  • 毎日経済 スタートゥディ イ・ウジュインターン記者
  • 入力 2018-12-28 05:45:11.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved