「ミス・コリア」キム・スミン、美容&恋愛&選抜大会のエピソードなどについて語る




ミス・コリアのキム・スミンが体型を指摘する悪質な書き込みについて胸を痛めた心境を明らかにした。

「ミス・コリア選抜大会2018」でミス・コリア眞(ジン)の栄光を手にしたキム・スミンはbntのグラビアを介して年末の近況を公開した。

bnt collezione、Front、シャドウムーブなどで構成された3つのコンセプトで行われた今回の撮影で彼女はフェミニンムードを発散し、イエローファージャケットを着用してガールクラッシュ(女性を魅惑する女性)の魅力を誇り、ピンクで色を合わせたラブリーなファッションまで多彩なスタイルを着こなしてプロらしい姿を見せた。

撮影が終わった後、続くインタビューで彼女はミス・コリアに選抜された所感について「全く予想していませんでした。7人の当選者を選ぶんですが、そのうちの「美」にでもなろうというのが目標でした」と伝えて謙虚な姿を見せた。当選の秘訣については「自分を着飾るよりも率直な姿をそのまま堂々と表わしました。失敗して足りない部分も隠しませんでした」と話した。続いて、賞金1億ウォンの使い道についてそれとなく尋ねると、「賞金の半分は大学院の学費として使う予定で、残りの半分は貯蓄しようと思っています」と率直に答えた。「お金の大会」という言葉があるほど多くの出場費用がかかると知られているミス・コリア選抜大会で金銭的な負担はなかったかという質問には「私の場合はヘアやメイクなどにお金を一切使いませんでした。大会の準備をすれば、基本的にすべて提供してくれます」と伝え周囲を驚かせた。当選した後、以前と変わった点があるかと尋ねると、「いつも気をつけるようになります。言葉や行動することにおいて責任感も強く感じます」と明らかにした。



身長173cmに体重58.9kgで優れたスタイルを誇るキム・スミン。大会合宿期間中、特に体重管理をしなかった彼女は「宿泊施設のごはんが本当にとてもおいしかったです。我慢できなかったです」と告白して照れながら笑った。続いて。健康美あふれるすらっとした体型にも関わらず、体型に関する指摘を少なからず受けた彼女は、「普段は私の身長に合った体重だと考えて生きてきたんですが、候補者の中で私が一番体重が重かったんです。太っている、綺麗じゃないなどの悪質な書き込みを見て嫌な心が痛みました」と心の奥にあった感情を打ち明けた。それでも最高の栄光を手にした彼女は「幸いなことに、今回の本大会では体のサイズの公開がなくなり、ありがたかったです。最近、ミス・コリアの定型化された基準もどんどん崩されている様子です」と美の基準が変化していることを証明した。

ミス・コリアに当選した後、彼女は忙しい日常を過ごしている。最近、毎日経済テレビのビューティ番組『ワットウォーマンウォント』で初めてビューティーMCを務めたが、これに「MCの中で一番末っ子です。美容に疎い立場からたくさん質問する役割を担当しました」と伝えた。また、大会を終えた後、KBS2『ハッピー・トゥギャザー3』にも出演した彼女はユ・ジェソク、チョン・ヒョンムなど国民MCと会って不思議だったと当時の嬉しかった気持ちを話した。

米国のディケンズ大学で国際経営学を専攻したキム・スミンは4年間、奨学金を受けた才女としても有名だ。大学時代、イテウォンにあるある英文雑誌会社でインターン経験をした後、国際部の記者を夢を抱いたりもしたという彼女。韓国語、英語、中国語までなんと3か国語を駆使する能力を兼ね備えた彼女に「オムチンタル」(出来のいい娘の例え)と言うと、「そんな修飾語で呼ばれるには至らない点が多すぎます」と強く否定した。


清らかな肌を誇る彼女にスキンケアの秘訣を尋ねると、「化粧はあまりしません。普段はすっぴんでいます。実は、すっぴんには自分でも自身があります」と恥ずかしそうに笑い、ボディケアについては「毎朝、1時間ずつ近所の住民の方々とエアロビクスをします。声を出しながら思いっきり踊ったら、力が湧いてきます」と格別な秘訣を公開した。続いて、最近、演技やダンスのレッスンを受けているという彼女は「​​もし機会があれば演技も一度、挑戦してみたい」という意志を伝えた。

人生で最も美しい年齢、大韓民国最高の美女のタイトルまで獲得した彼女に慎重に恋愛に関する計画を尋ねると、「まだありません」という回答が帰ってきた。理想のタイプについては「チョ・ジヌン、ハ・ジョンウさんのファンです。ふくよかで温かいスタイルの方に魅力を感じます」と告白した。

ロールモデルを尋ねると、エレン・デ・ツェナーラスと明らかにした彼女は、「社会的問題において堂々と所信を明らかにする姿が素晴らしいと思います」と伝えた。続いて、ミス・コリアの中で最も尊敬する先輩はキム・ソンリョンだとし、「実物を見て驚きました。本当に綺麗でした。一緒に食事しながら今後、どのように活動をしていかなければいけないのかについてたくさんアドバイスして下さいました」と伝えた。

最後に、目標についての質問には「来年7月に2019ミスコリア大会が開かれます。振り返ってみると、6か月間、本当に多くの活動をしてきたと思います。これからも頑張って活動して来年、挑戦する後輩たちから『尊敬する先輩』と呼ばれたいです」と抱負を表わした。
  • 毎日経済 スタートゥディ チェ・ジウォンインターン記者
  • 入力 2019-01-09 05:31:04.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved