ウ・ドファン、韓服でも致命的な魅力


俳優のウ・ドファンがデビュー後初となる韓服による雑誌撮影にて致命的な魅力を見せた。

ウ・ドファンは最近、韓服振興センターが発行する韓服マガジン「着たい私たちの服、韓服」写真集を通じて新鮮な魅力を披露した。

文化体育観光部傘下の韓服振興センターが委嘱した韓服広報大使として活動している彼は、伝統韓服と現代的な感覚が溶け込んだ韓服を着て特有の雰囲気を誇っている。

ほのかな色味の韓服を着た姿からは優雅な気品が感じられ、黒い外套を肩にかけている写真では無関心なようでシックな雰囲気を醸し出している。

このようなウ・ドファンの韓服のビジュアルは彼の次期作であるJTBCの大型アクション時代劇『私の国』への関心を高める。2019年下半期放送予定の『私の国』は高麗末の朝鮮時代初期を背景にしたアクション時代劇で、自分の信念による『私の国』を巡ってお互いに刃先を向ける、権力に対する欲望を爆発的に描き出す予定だ。

ウ・ドファンは劇中、名家の次男であり、武に長けたナム・ソンホ役を引き受けて、デビュー後初となる時代劇に挑戦する。

  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-29 05:56:09.0