ホン・ソクチョン「カミングアウト後は苦労したが後悔はしていない」


韓国で初めてカミングアウトした芸能人ホン・ソクチョンが「PLAYBOY KOREA」と破格的な写真を完成させた。

「PLAYBOY KOREA」はホン・ソクチョンの写真とインタビューを18日に公開した。

韓国で最初にカミングアウトした芸能人であり、デビュー以来25年間愛され続けてきたスターのホン・ソクチョン。放送だけでなく梨泰院(いてウォン)で自分だけの特色あるレストランを次々と成功させ飲食業界の有能な実業家としても認められた珍しい芸能人ホン・ソクチョン。彼は姉の子供を養子として迎え、新しい家族の形を提示したりした。

様々な方面で「初」のタイトルを持つ芸能人ホン・ソクチョンを「PLAYBOY KOREA」がより大胆な視線で見つめた。写真のテーマは「それ自体でアイコニックなホン・ソクチョン」だ。

グラビアで彼はブラックのロングドレスとハイヒール、バットマンの仮面やアクセサリーを身に付けた。いわゆる「女性的」あるいは「男性的」という固定観念が濃いアイテムを身にまとっても、その型にはまらないホン・ソクチョンのアイデンティティを示すためだった。やはり彼は慣れないヒールを履いても堂々として素敵なポーズを取って現場にいたスタッフたちの歓呼を引き出した。

彼はインタビューでも率直で誠意の感じられる態度を見せた。全盛期を謳歌していたときにカミングアウトしたことを後悔していないのかという質問に、「おそらく5年だけ遅らせていたら、もっと多くのお金を稼げていたはず」としながら気さくに笑いながらも、「カミングアウト直後は本当に苦労したが、誰かを愛する時に自分からまず率直にならなければならないと思ったので全く後悔していない」と本音を明らかにした。

また、「100人近くいる従業員と家族のため、エネルギーいっぱいに働くことができるようだ」と放送と事業の両方で一生懸命な理由を「責任感」だと説明した。

最後に自分自身をセクシーにしてくれるものは何かという質問に「年齢」という素晴らしい答えを伝えた。「若かったころは年を重ねることが不安だったが、今は年齢に合わせて世界を眺める目とコツができたようだ」

写真と一緒に撮影したスケッチ映像は「PLAYBOY KOREA」の公式SNSチャンネルで確認できる。

  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 / 写真=PLAYBOY KOREA
  • 入力 2019-03-27 09:54:42.0