イ・ミンホが雑誌のカバーに「成熟さとは本来の自分に近い状態で生きること」


俳優イ・ミンホが雑誌でより深まった魅力を誇った。

フレンチ感性の男性マガジン『LOFFICIEL HOMMES YK EDITION』は2019年秋冬号のイ・ミンホが登場する表紙を30日に公開した。『LOFFICIEL HOMMES YK EDITION』2019年秋冬号のイ・ミンホの表紙はスタイリストチョン・ユンギとコラボレーション、これまでベールに包まれていたイ・ミンホの日常での姿を強烈で挑発的に表現して、ダークでいながら神秘さを兼ね備えている彼の姿をそのまま表現している。

公開された表紙の中でイ・ミンホは秋の雰囲気とぴったりの眼差しと表情で大人の男性的な魅力を遺憾なく発揮し、既存の美男のイメージを塗り替えた。

人間としてのイ・ミンホに関する質問に彼は現在集中している趣味をはじめとして仕事と愛、その延長線上にある幸せに対する価値観まで、細やかで率直に答えた。特に成熟に関する部分が注目を集めたが「本来の自分の姿に近い状態で生きる人が成熟しているように感じられる」とし「本当に自分らしいことは何なのか苦心して、自分の考えと傾向、姿について悩んで把握して現状のままを受け入れ、またうまく表現する」するために努力しているとのこと。自らを「率直な人」と表現するほど、普段の彼の考えや生活する姿など、飾らない話でいっぱいだ。

代替服務を終えたイ・ミンホは次期作としてキム・ウンスク作家の『ザ・キング』出演を確定した。イ・ミンホは劇中の主人公イ・ゴン役で来年上半期のドラマ復帰を控えている。

いつのまにかデビュー13年目になった俳優だが復帰を準備するためにあり、作品に必要な乗馬や漕艇などの授業はもちろん、発音と発声の勉強など、基本技から固めている姿も印象的だ。俳優として守るべきことについて、自分のやるべきことを果たし、引き受けた配役を台本以上に表現して緊張感とゆるさの間で中心をとることと話すイ・ミンホらしい姿勢だ。「多様なジャンルの様々なキャラクターを思い浮かべたとき、そのどこかにイ・ミンホという俳優がいてほしい」という彼の願いからはまた、真正性が感じられ、今後の姿をより一層期待させる。

イ・ミンホのより多くの写真とインタビューは10月10日に発行される『LOFFICIEL HOMMES YK EDITION』2019年秋冬号で確認できる。9月30日からオンライン書店を通じて予約販売される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=ロフィシェル
  • 入力 2019-09-30 10:20:59