キム・ジュンス「ミュージカルデビュー10周年、切実だからより熱心に」


歌手兼ミュージカル俳優キム・ジュンスの吸血鬼コンセプトの写真が注目を集めている。

ファッションマガジン『allure』2月号には、ミュージカル『ドラキュラ』でタイトルロール「ドラキュラ」役を引き受けたキム・ジュンスの写真が公開された。

モダンに再解釈された吸血鬼というコンセプトで撮影された今回の写真でキム・ジュンスはエレガントでありながら醸し出されるセクシーさで女心を奪う。またアンティークなシルクのブラウスからカラフルなパターンのシャツとジャケット、カラー感が際立つスーツなど、様々なスタイルの衣装をオーダーメードの衣装のように消化した。

一緒に進行されたインタビューでキム・ジュンスは超越的な存在「ドラキュラ」を表現するための独自のノウハウとキャラクターを構築するまでの過程などを語り、ミュージカル『ドラキュラ』に対する愛情を表わした。

キム・ジュンスは「ドラキュラのような超越的な存在を表現しながら最も難しい点は人間ではないキャラクターを観客が納得できるようにする部分だ。超越的な存在だから人間ならしそうな些細なミスも許されない気がする。だから舞台の上での動き、歩き方、目つき、ジェスチャー一つ一つまで完璧でなければならないという考えを持って、すべての瞬間に集中して演じる。特に体をコントロールして使用することには、ある程度の自信があるので、動きにより神秘的なキャラクターを表現しようとした」と明らかにした。

2014年に韓国で初めて披露されたミュージカル『ドラキュラ』はブロードウェイ公演とは異なる、オーディオカンパニーだけの独創的なプロダクションで、ストーリーラインに蓋然性を加えて、舞台セットもより一層華やかにアップグレードした。これについてキム・ジュンスは「ライセンスミュージカルだが、ほとんど創作ミュージカルを作る感じで再誕生した。韓国初演を準備しながら演出の方が俳優たちの意見も多く尊重してくれて反映してくださった。今ではミュージカル『ドラキュラ』の韓国バージョンがバイブルのように世界中のプロダクションに提案されているという。そんな作品を一緒に作ったという満足感と誇りがある」と自負心を表わした。

今年ミュージカルデビュー10周年を迎えたキム・ジュンスは「実際にはこれほど大きな愛を受けてきたのも奇跡だと思う。ミュージカルの舞台がとても切実だったので、さらに熱心に頑張った。今後の願いも機会があれば可能な限り、ステージに立ち続けたい」とミュージカルの舞台への愛情も伝えた。

ミュージカル『ドラキュラ』は何百年もの間、一人の女性だけを愛したドラキュラの話を扱った作品で、永遠の命を維持するために吸血するが、拒否することができない魅力を持った吸血鬼という神秘的なキャラクターをベースに興味津々なラブストーリーが繰り広げられる。『ドラキュラ』は2月11日から6月7日までシャルロッテシアターで上演される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=allure
  • 入力 2020-01-20 11:45:19