イーランド、サイパンに「ケンジントンホテル」オープン


イーランドグループが、サイパンに「ケンジントンホテル」の名前をつけた家族向け休養ホテルを年内にオープンする。

イーランドグループは、パク・ソンギョン副会長とサイパンのエロイ・イノス(Eloy S. Inos)知事など総100人余りが参加した中で、パームスリゾート・サイパンをケンジントンホテルに新たに変貌させる着工式を行ったと7日に明らかにした。ケンジントンホテル・サイパンは、9か月間の全面的なリニューアル工事を経て、年内に正式オープンする予定だ。

ケンジントンホテル・サイパンは、イーランドグループが海外で2番目にオープンしたホテルだ。先立ってイーランドグループは、2012年に中国・吉林省のシェラトンホテル(Sheraton Guilin Hotel)を買収した。

イーランドグループの関係者は「イーランドホテルの固有ブランドである『ケンジントン』の名前を取って、オープンする最初の海外ホテルということに意味がある」と説明した。

ケンジントンホテル・サイパンは、延べ面積3万8801平方メートル規模で、313室のすべての客室がオーシャンビューで構成されており、サイパンでも景観が一番優れたパウパウビーチに位置している。イーランドグループは、2020年までに活発なホテル買収・合併(M&A)を通じて、現在24か所のホテルとリゾートの数字を150か所まで増やすという抱負を持っている。
  • 毎日経済_パク・イネ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-04-07 17:19:47.0