SM C&C、広告代理事業およびグローバルエージェンシー事業への進出


SMエンターテイメント(総括社長キム・ヨンミン、以下SM)とSKテレコム(代表取締役社長パク・ジョンホ、以下SKT)が戦略的提携と相互系列社に対する大規模な出資を介し、韓流と総合マーケティングコミュニケーション、AI、ICTを組み合わせた未来市場を開拓する。

17日SMとSKTは理事会を開催し、SKTはSMの子会社であるSM C&Cを対象に650億ウォンの増資を通じて2大株主となり、SM C&C(代表取締役キム・ドンジュン、イ・フンヒ、以下SM C&C)はSKプラネットの広告事業部門を買収した。

これによりSM C&Cは従来の事業部門である演技者とMCマネジメント/ドラマおよび番組制作/旅行事業だけでなく、広告事業として領域を拡張して韓国を代表する総合エンターテイメント/マーケティング会社として跳躍するのはもちろん、コンテンツとセレブリティが共にするグローバルコミュニケーションエージェンシーとして成長するという計画だ。

SM C&Cは17日午前に理事会を通じてメディア、コンテンツの制作事業を拡大するため、代表的所属芸能人とのパートナーシップを強化するための所属MCカン・ホドン、シン・ドンヨプ、チョン・ヒョンム、イ・スグンに対する合計77億の転換社債発行を決議した。

またSMグループはSKTの子会社アイリバーに400億ウォンを出資して2大株主として確立することになった。アイリバーはSMの系列会社であるSMモバイルコミュニケーションズ(以下SMMC)との合併を通じて統合アイリバー法人を立ち上げ、SMとSKTを対象にそれぞれ400億ウォン、250億ウォン規模の有償増資を実施する。これと共に統合アイリバーはSMの日本現地法人であるSM Japan Life Design Co.(以下SMLDC)を買収し、国内のサービス競争力の強化と海外市場開拓の橋頭堡の確保を通じて海外市場への進出をさらに加速する予定だ。

SMのキム・ヨンミン総括社長は、SKプラネット広告事業の買収について「広告とコンテンツの組み合わせで、企業とセレブリティのためのマーケット4.0時代にふさわしい新しい総合マーケティングコミュニケーション(NEW IMC - Integrated Marketing Communications)社で、アジアを代表するグローバルエージェンシーが誕生する。またアイリバーはICT、デバイス、コンテンツを融合して、IOTベースのAIコンテンツビジネスを国内およびグローバル市場で本格的に繰り広げていくものと期待している」と説明した。

SMのイ・スマンプロデューサーはSKTとの戦略的提携について「セレブリティとロボットの世界でAI時代にセレブリティの重要性はますます大きくなって輝くようになるだろう」とし「ICT基盤の技術も重要だが、コア競争力はセレブリティコンテンツとの融合にによる創造にある。したがって今回の提携がより重要で強力な意味を持つ。SKTの技術とSMの文化技術が出会い、セレブリティビジネスとAIビジネスでグローバル市場に向けた本格的な進出を期待している」と伝えた。

SMとSKTは、今後も両社が持つ事業的インフラを共有してシナジー効果を創出することができる領域を探索する計画だ。
  • シックニュース イ・サンジ記者 / 写真=SMエンターテインメント提供
  • 入力 2017-07-17 10:05:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア