最近4年間の変死事件は11万5000件…1日で平均78件


最近4年間のあいだで発生した変死事件が、11万5000件あまりに達したことが確認された。

警察庁によると、2012~2015年に発生した変死事件は11万5140件に達した。

1日に平均で78件発生したわけだ。変死とは自然死以外の原因が明らかでない死亡をいう。

原因別では、自殺が5万5305件(48%)で最も多かった。続いて過失死3万4310件、他殺2052件、災害死1146件、その他2万2327件と集計された。

地域別では京畿道が合計2万5610件(22.2%)と全国で発生件数が最も多く、ソウルが1万6581件(14.4%)で後に続いた。

一方、変死体検死など初動措置を担当する警察検死調査官は、全国106人に過ぎなかった。
  • 毎日経済 チョ・ソンジュン編集部記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-31 09:00:00