すくすく育つ電気自動車…年間販売1万台を初突破


国内電気自動車の年間販売量が初で1万台を超えた。電気自動車の年間基準での販売台数が1万台を超えたのは今年が初めてだ。

13日、各社の資料と韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、今年の1~10月に国内販売された電気自動車(乗用)は総1万75台(テスラは1∼9月の新規登録数)と集計された。

モデル別に販売順位を見ると、現代自動車の「アイオニック・エレクトリック」が6203台で圧倒的に1位を占めた。これは電気自動車全体の販売台数の約61.6%を占める数字だ。続いてルノーサムスン製「SM3 ZE」(1569台)、キア自動車「ソウルEV」(1290台)が並んで2位と3位を占めた。このほか韓国GM「シボレー・ボルトEV」(457台)、ルノーサムスン「トゥイジ―」(259台)、BMW「 i3」(153台)、キア自動車「レイEV」(38台)、テスラ「モデルS」(54台、1~9月の基準) 、日産「リーフ」(47台)の順に販売量を記録した。

韓国GMの「シボレースパークEV」は今年の初めに中断したが、昨年に契約した5台が今年に引き渡されて販売実績として登録された。

国内の電気自動車市場は急速に成長する傾向にある。国土交通部によると、2010年は61台にとどまっていた電気自動車の年間新規登録台数は、2014年(1308台)に1000台を越えた後、2015年には2917台、2016年は5099台と毎年2倍以上増加した。累積登録台数は昨年1万台を突破したことに続き、今年は2万台を超えた。
  • 毎日経済 カン・ヨンウン記者
  • 入力 2017-11-13 17:29:16.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved



  • question
  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア