韓信工栄、カンボジアで909億ウォン規模の道路改善工事を受注


  • <(左から)MPWTスン・ チャントール(Sun Chanthol)長官と韓信工栄ノ・テヨプ海外事業部部長が契約書に署名している>

韓信工栄は10日(韓国時間)、カンボジアで「カンボジア5番国道南部区間3工具改善工事」の契約を締結したと11日明らかにした。

MPWT(カンボジア公共事業運輸省)が発注した今回の事業は、カンボジア中部コンポンチュナン州(Kampong Chhnang)~スレアマアム(Thlea Ma'am)約51.2キロの道路区間の改修および拡張するプロジェクトだ。工事期間は48カ月で、受注金額は約909億ウォンだ。

韓信工栄は先立って、2015年の上半期にカンボジア21番国道改善工事(EDCF)と2016年の地方道路2次改善工事(EDCF)を受注し、現在工事を進めている。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 チョ・ソンシン記者 / 写真提供=韓信工栄
  • 入力 2018-01-11 11:29:49.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved