現代自動車「東南アジア版ウーバー」グラブに電撃投資


現代自動車は東南アジア最大の車両呼び出し企業の「グラブ(Grab)」と電撃的に手を握った。

現代自動車は11日、「東南アジアのモビリティ(交通)サービスの最先頭企業であるグラブに投資する」とし、「両社間の戦略的協力を通じて、現地のモビリティ市場に進出する足がかりを整えた」と明らかにした。

情報通信技術(ICT)業界によると、グラブは現代自動車から数百億ウォンの直接投資を引き出したものと伝えられた。具体的な投資方法や金額などは議論されていると伝えられた。

ただし自動車業界では投資金額よりも、現代自動車の東南アジア共有経済への進出効果に注目している。

グラブはシンガポールに拠点を置く自動車共有サービス業者で、「東南アジア版ウーバー」と呼ばれる。 2012年に設立され、現在はインドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナム、ミャンマーなど8カ国168都市で事業を繰り広げている。

移動を希望する乗客と事業者をリアルタイム接続する車両呼び出し(カー・ヘイルリング/car hailing)が主力事業だ。東南アジアのカーヘイルリング市場でグラブのシェアは75%に達している。登録された運転者は230万人で、一日平均350万件を運行するほどの競争力を築いた。相乗り(車両共有)、配達、モバイル決済サービスも提供する。域内最大のカー・ヘイルリング企業との協力で、現代自動車は日本がつかんでいる地元市場への進出に「迂回路」をうがつ効果を得るだろうと分析される。

東南アジアは、現代自動車がさらに成長するために掌握するべき市場として評価されている。

鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長も9日(現地時間)、世界最大の家電展示会「CES 2018」で記者らと会って、「日本車(東南アジア)が掌握しているが、これらと確実に差別化される戦略があれば、市場シェアを25%まですぐさま上げることができるだろう」と強調した。

グラブへの投資はそのための重要な布石だ。現代自動車は今回の協力を通じて、シンガポールをはじめとする東南アジアのカーヘイルリングサービスに「アイオニック電気自動車(EV)」などのエコカーの供給を増やす案を推進する。両社は車両・利用者・走行条件などの各種情報を総合し、今後の改善されたサービスを開発するところにも活用することにした。

現代自動車の関係者は、「両社の協力の議論は共同マーケティングはもちろん、環境にやさしい車を活用した差別化されたモビリティサービスプラットフォームの開発まで含まれている」とし、「環境にやさしい車を活用したカー・ヘイルリングサービスは、最近の東南アジア諸国が関心を持って推進している環境にやさしい政策とかみ合って、現代自動車のブランドイメージを引き上げるのに大きく寄与するだろう」と語った。

現代自動車が東南アジアに照準をあてたのは、この地域が中国と米国に次ぐ3大自動車共有経済市場であるからだ。東南アジアの一日平均モビリティサービス利用件数は約460万件で、車両共有の先進市場である米国(500万件)に迫るほどに成長した。世界最大の中国(1800万件)に対しても急速に追い上げている。その中心にグラブがある。利用規模の面で中国の「ディディ」、米国の「ウーバー」に続き、グローバルな車両共有市場で3位に上がっている。

グラブのアンソニー・タン最高経営責任者(CEO)は「グラブのグローバルなコラボレーションネットワークに現代自動車が一緒になったことを喜んでいる」とし、「現代自動車をはじめとする強力なパートナーとの新規モビリティサービス分野のコラボレーションによって、グラブはさらに一歩成長することになるだろう」と語った。

今回の協力は、現代自動車が将来の技術革新に対応するために、昨年グループレベルで構築した戦略技術本部が主導した。

チョ・ヨンジョ現代自動車戦略技術本部長(副社長)は、「東南アジアで蓄積されたグラブのサービス競争力と現代自動車のエコカー技術の競争力が結合して、モビリティサービスに革新を呼び込むことになるだろう」とし、「世界的な技術力を保有しているモビリティサービス業者との継続的な協力を模索して、全世界の共有経済市場をリードしていく」と語った。
  • 毎日経済_キム・ジョンファン記者/カン・ヨンウン記者
  • 入力 2018-01-11 19:22:26.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved