SMエンタ、キーイースト買収…ペ・ヨンジュンはSMエンタの理事に


SMエンターテイメント(以下、SM)が国内最大の俳優マネジメント企業であるキーイーストを買収した。

SMはキーイーストの大株主兼最高戦略責任者(CSO)であるペ・ヨンジュンの株式を買収する「旧株買収方式」を使用して買収を進めており、ペ・ヨンジュンもSMの新株を取得してSMの主要株主になった。

これによりSMは「俳優名家」であるキーイーストを買収し、キーイーストの子会社である日本最大の韓流放送コンテンツプラットフォーム事業者であるデジタルアドベンチャー(以下、DA)まで保有することになった。

SMはすでに2016年、SMエンターテイメントジャパン(以下、SMジャパン)を介してキーイーストの日本国内の関連会社であり、JASDAQ上場企業のDAの株式を取得して2大株主になり、キーイーストと縁を結んでいる。

今回の買収によりキーイーストはSMグループに統合され、既存の名声の継続はもちろん、SMのグローバルネットワークを生かして俳優たちのより幅広い活動を支援するものと思われる。

特にキーイーストとDAが営んできたアーティストマネジメント、韓流メディア事業、ファンクラブと公演イベント事業などは、SMの長年のノウハウの中でより強力で幅広いシナジーを生み出すと予想される。ここにキーイーストの既存の事業部門と一緒にスター、音楽、MCN、UCGなどのエンターテイメントコンテンツを基盤にしたモバイル/オンラインプラットフォーム事業も韓国、日本はもちろん、世界市場をターゲットに多様に展開していく予定だ。

今回のSMの新株買収を通じてSMの主要株主となったペ・ヨンジュンは、SMグループのマーケティングとキーイーストのグローバル戦略アドバイザーとして活動し、SMグループの様々なグローバル事業戦略の策定と推進にも力を添える予定だ。

SMのキム・ヨンミン総括社長(CSO)は今回の買収と提携について「すでにDAへの投資を通じてSMグループとキーイーストグループは様々な連携事業を進めていた。今回、1つのグループとして再誕生しキーイーストとデジタルアドベンチャーの強みをさらに生かして最高のアーティストマネジメントと韓流メディア企業として発展させるのはもちろん、様々なエンターテイメントコンテンツとスターとMCN、UCGコンテンツ基盤のグローバルエンターテイメントプラットフォーム事業を強力に展開していく予定だ。このため、様々なグローバルオンライン、モバイル・プラットフォーム会社との投資と提携を活発に展開していく予定だ」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2018-03-14 09:40:03.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved