CGVに続いてロッテシネマも19日から映画料金を1000ウォン値上げ


CGVに続きロッテシネマも映画の入場料を引き上げる。

ロッテシネマは来る19日から大人の料金のみ従来比で1000ウォン引き上げると13日、明らかにした。

ロッテシネマは「ここ数年間続いた観覧客数の停滞とサービス競争の激化に関わらず、物価上昇に起因する劇場運営管理費用の増加により必然的に価格を調整することになった」と説明した。

変更された観覧料は大人2D基準で平日6000~1万ウォン、週末7000~1万2000ウォンと、全座席同一に運営される。

ただし劇場の最前列のA列は1000ウォンの割引政策が持続される。「文化がある日」の価格と青少年、障害者、シニア、国家有功者、軍人・警察などに提供されている優待料金にも変動はない。
  • 毎日経済 デジタルニュース局
  • 入力 2018-04-13 10:10:57.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved