SMがベトナムへ進出…締結式にNCTメンバーも出席


SMエンターテイメント(以下SM)が10日、ベトナムの最大のリテール&ライフスタイル企業のIPPグループとベトナム市場への進出と共同事業の推進のためのMOU協約を締結した。

SMはダイナミックに成長しているベトナム市場に本格的に進出、ベトナム最大のリテール&ライフスタイル企業のIPPグループとの戦略的提携を通じてエンターテイメントと広告事業、メディア、ライフスタイルなど様々なグローバル事業を推進する計画だ。

10日、SMコミュニケーションセンターで行われた今回のMOU締結式にはSMのイ・スマン総括プロデューサー、キム・ヨンミン総括社長、ハン・セミン代表、NCTのメンバーのテヨン、マーク、ジャニー(SMエンターテイメント所属)、IPPグループのJohnathan Hanh Nguyen会長、Le Hong Thuy Tien総括社長、Phillip Nguyen副社長などが参加した。

SMはIPPグループとの戦略的提携を通じてSMエンターテイメント所属アーティストの、ベトナム進出と現地のアーティストの発掘と育成を通じたV-POPコンテンツ制作をはじめ、さまざまな映像プログラム制作、広告代理事業やライフスタイル事業を本格的に推進することになった。

SMエンターテイメントグループのキム・ヨンミン総括社長は「ベトナムのIPPグループは、ベトナム最大のブランド/リテール/ライフスタイルグループとしての戦略的な協力を通じて多様なコンテンツと「ブランド」を育てていくことができる最高の事業パートナーだと思う。 IPPグループとの事業協力は、東南アジア市場で最も重要な国の1つのベトナムでSMの事業進出の大きな助けになるだろう。また、SMはベトナム現地のアーティストを発掘して、SMの能力により、グローバルスターに成長させる計画だ」と明らかにした。

SMとMOUを締結したベトナムのIPPグループは約32年間、総投資5億ドル以上の規模で投資や開発を通じて数多くの事業を成功的に行っている会社で、カルティエ、ロレックス、バーバリー、フェラガモ、ドルチェ&ガッバーナ、ヘネシー、レミーマルタン、カミュ、ドミノピザ、バーガーキングなどのファッション、ワイン、時計、ジュエリー、香水、化粧品、ファーストフードのような96以上の世界的なブランドの商品をベトナム全地域と空港に独占的に配給している。過去30年間、運営してきた免税と空港事業の強みを基盤として、年間600万~800万規模の乗客を収容することができるCam Ranh国際ターミナルに投資して運営するCRTC(Cam Ranh International Terminal Joint Stock Company)の大株主である。このプロジェクトは、2018年6月に開始され、運営される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥディ パク・セヨン記者
  • 入力 2018-05-14 09:58:34.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved