CJ E&M、Pledisエンタ買収か…「決定はまだ」vs「詳細を論議中」


CJ E&MのPledisエンターテイメント(以下、Pledis)買収説が再び浮上した中で、Pledis側が「何も決定していない」と明らかにした。

Pledisの関係者は12日、毎日経済スタートゥデイに「海外市場進出のための新規事業を推進中だが、(買収と関連しては)まだ決定された事案はない」と明らかにした。

同日、あるメディアはCJ E&MがPledisの株式51%を買収する案について議論中だと報道して、業界の注目を集めた。

CJ E&MのPledis買収説は昨年から公然と噂されてきた。ただしCJ E&Mの関係者は「買収は決定された状態だが、詳細を議論中だ」と言葉を惜しんだ。

PledisはSMエンターテイメントでBoAのマネージャーなどをして経験を積んだハン・ソンス代表が2007年に創業した会社で、NU'EST、SEVENTEEN、PRISTIN、AFTERSCHOOLなどが所属している。株式の構成はハン代表と日本ソニーのグループ会社ソネットエンタテインメントがそれぞれ50%ずつ持っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2018-06-12 16:24:05.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved