サムスン電子、4ビット/セルを使用して4TB級SSD量産


  • 4テラバイトQLC SSD 写真提供=サムスン電子


サムスン電子は7日、4ビットV NAND型を基盤にした消費者向け4TB(テラバイト・4000GB)ソリッドステートドライブ(SSD)を業界で初めて本格的に量産すると明らかにした。

PCの記憶装置として使われるこの製品は、従来の製品に比べて記録能力を33%増やした製品で、5GB(ギガバイト)容量のフルHD級の映画データなら800編を保存することができる。また毎秒540MB(メガバイト)の読み取り速度と毎秒520MBの書き込み速度で、5ギガビットの映画一本を格納するために10秒かからない。3ビットセルから4ビットセル技術へ進み、同じチップサイズで保存できる容量が33%増える。

サムスン電子は第4世代の1Tb(テラビット・128GB)4ビットV NANDチップを32個を使用して、業界最大の4TB SSDを作った。3ビットセルから4ビットセルに移行することで、1つのセルが区分すべきデータ数が増えてさらに精密な制御技術が必要とされる。このことから、製品の最高性能の達成と速度を継続して維持する技術の難度は急激に高くなる。この製品は既存の高性能3ビットSSDと同等のレベルの性能と動作特性を実現し、SSD部門で超高容量市場の成長を牽引することが期待される。また、1Tb 4ビットV NAND型チップひとつだけでスマートフォンに搭載される高性能の128ギガバイトメモリカードを作ることができ、今後は高性能・大容量ストレージの普及に大きく貢献するものと思われる。

サムスン電子は今年、一般消費者用2.5インチ4ビットSSDのラインナップに、1TB・2TB・4TBの3つのモデルを発売する予定だ。これとあわせて企業用SSDを次々に発売し、今後は性能を向上させた第5世代4ビットV NAND型の量産を通じてSSD製品群を拡大し、さまざまな顧客の需要増大に支障なく対応していく計画だ。

2006年に1ビット32GB SSDを発売して業界初のPC SSD市場の扉を開いたサムスン電子は、2010年の2ビットSSDに続き2012年には3ビットSSDを量産した。今年の7月からは4ビットSSDを業界で初めて量産し、SSD市場をリードしている。

サムスン電子メモリー事業部のハン・ヂェス戦略マーケティングチーム副社長は、「新しく発売する一般向けの4ビットSSDは、テラバイトSSD市場をリードすることになるだろう」とし、「今後も一般消費者市場に続き、企業用市場までに適用分野が拡大され、テラバイトSSD製品の割合はすばやく高まるだろう」と説明した。
  • 毎日経済_イ・ヂェチョル記者
  • 入力 2018-08-07 19:38:03.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved