フォルダブルフォン…ポケットの中のデスクトップ



「折りたためばスマートフォン、広げるとタブレットPC」に変身するサムスン電子の「フォルダブルフォン」が、大きさと重量などの細部仕様と初期デザインが公開されて世界の注目を一身に集めている。スマートフォンのアプリケーション(アプリ)が、紙でできた本を拡げるように、自然にタブレットアプリに変身することが特徴だ。また、フロントカバーディスプレイとメインディスプレイを搭載しているにもかかわらずバッテリー消費量を減らして容量を大きくし、ギャラクシーノート9などの既存のスマートフォンと同様の使用時間を維持することも特徴だ。

7日(現地時間)、米国カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーンセンターで開かれたサムスン開発者フォーラム(SDC 2018)で、朴智星(パク・チソン)サムスン電子無線事業部首席エンジニアは、「あなたのアプリはフォルダブルフォンの準備ができているか」というセッションで、サムスン製フォルダブルフォンのディスプレイサイズなどを公開した。

最も関心を集めた表示サイズは、折りたたみ時の「カバーディスプレイ(スマートフォン形)」は4.58インチで、拡げたときの「メインディスプレイ(タブレット状)」は7.3インチになると述べた。解像度とアスペクト比は、フロントカバーディスプレイでは840×1960ピクセルで21対9であり、メインディスプレイは1536×2152ピクセルで4.2対3だ。

これに先立って、サムスン電子米国法人のジャスティン・デニソン常務は基調講演で、このディスプレイを「インフィニティフレックスディスプレイ」として紹介し、本を閉じたようにディスプレイを折りたたむ「インフォールディング」方式のフォルダブルフォンだと述べた。デニソン常務は「カバーウィンドウのガラスに代わる新たな素材と、数十万回たたんだ広げても耐える新しい形態の接着剤を開発した。折りたたみ時もスリムな厚さを維持するために、能動型有機発光ダイオード(AMOLED)ディスプレイそのもの厚さも大幅に薄くした」と表示素材について具体的に言及した。

フォルダブルを採用することにともない、ディスプレイを前面と全面にそれぞれ配置したことから、バッテリーの消費量が深刻だという見通しに対して、朴エンジニアは「バッテリーは従来のスマートフォンの使用時間と変わらない。新規ディスプレイを採用したからといって、バッテリーの持ちはそれほど消耗しないだろう」と強調した。

この日、開発者らはフォルダブル機器が「マルチタスク」に強みを見せることに関心を示した。カバーディスプレイは携帯電話、メッセージ、通知などの基本機能を実行し、メインディスプレイは画面を3つまで分けてそれぞれ異なるアプリを実行することができ、1つのアプリで異なる構成を作ることもできる。

たとえばGoogleマップを使用する場合は、左の画面には大画面の地図が見え、右側の画面には推薦場所を表示したり、目的地までの距離を計算するなどの追加情報を表示できる。ユーチューブの場合なら左の画面はゲーム中継の画面を表示し、右側ではリアルタイムチャットを表示して、インターネットブラウザで追加の情報を検索することもできる。

フェイスブックも、左の画面にはタイムラインを表示しておき右側には友達紹介や動画を表示するなど、全く次元の異なるアプリを設計できるようになる。さらに、マルチウィンドウで2~3つのアプリを同時に実行(multi-resume)することができる「ハイブリッド画面」を構成することもできる。このカンファレンスに参加したあるエンジニアは、「既存のアプリの設定を完全に更新できるようだ。非常に興味深い試み」だと関心を見せた。

この日、サムスンは「グーグル」と緊密に協力して製造していると発表しており、フォルダブルフォンの信頼性を高めたという分析だ。 グーグルは「複数のメーカーが折りたたみ式画面を搭載した新しいタイプのスマートフォンを開発中であり、Android OSの次元でこれを支援する」と述べた。

グーグルはAndroidオペレーティングシステムにAPIを追加し、既存のアプリ開発者も容易にフォルダブルフォンを支援できるようになる見込みだ。

サムスン電子とグーグルは開発者が早期にフォルダブルアプリの開発に参加できるように、アプリ開発のガイドラインを公開し、開発用のエミュレータを第4四半期に公開すると発表した。グーグルのエードリアン・ルース首席ソフトウェア開発エンジニアは、「ユーザーはスマートフォンを利用する作業をより深く掘り下げるために、携帯電話を広げるだろう」とし「折りたたんだ時と広げた時でアプリがスムーズに動作するように、緊密に協力中だ」と紹介した。ニュースキュレーティングメーカーのフリップボードはこのセッションで、折りたたみ時と広げた時に変化するアプリ環境をデモして関心を集めた。
  • 毎日経済_サンフランシスコ=ソン・ジェグォン特派員/ソウル=シン・チャノク記者
  • 入力 2018-11-08 18:02:23.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved