大宇造船、ソナンゴルにドリルシップ1隻引き渡し

4600億ウォンを確保 

  • 大宇造船海洋が建造したドリルシップ 写真提供=大宇造船海洋



大宇造船海洋は15日、アンゴラ国営石油会社のソナンゴル(Sonangol)社から受注した後、引き渡せなかったドリルシップ2隻のうちで1隻に対する引き渡しの署名式を行ったと発表した。今回のドリルシップ1隻の引き渡しで、宇造船は4600億ウォンの引き渡し代金を確保することになった。

大宇造船は去る2013年にソナンゴルからドリルシップ2隻を受注したが、国際原油価格の下落などで船主側が引き渡し代金の用意が困難になり、引き渡しが遅れてきた。最近、原油価格が回復したことで引き渡しの交渉が急進展し、昨年12月に引き渡しの日程を確定した。

大宇造船海洋の関係者は、「1号船が正常に引き渡されたことから、2号船も支障なく引き渡される予定」だとし、「長期にわたって引き渡しできなかった海洋プロジェクトの不確実性が消えた」と語った。
  • 毎日経済デジタルニュース局_ハン・ギョンウ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-03-15 17:21:43.0