メディアのシルクロード「一帯一路ニュース連盟」が発足



中国で汎国際メディア組織「一帯一路ニュースネットワーク(Belt and Road News Network/BRNN)」が発足した。韓国メディアの中では毎日経済新聞が唯一で取締役会のメンバーとして参加した。

「BRNN理事会創立総会」が23日、中国共産党機関紙の人民日報本社で開かれた。この日、26カ国の代表的報道機関40社に所属する各代表が一堂に会し、BRNNの設立案件を可決した。

BRNNは中国当局が推進している「一帯一路」(陸・海上シルクロード)プロジェクトをメディア分野に拡大するために作られた、グローバルなメディア協力連盟だ。習近平中国国家主席はこの日、映像による祝辞で「一帯一路ニュースネットワーク(BRNN)発足により、世界各国がもっと便利に交流して疎通できる、合作プラットフォームが整えられることを望む」とし、「特に理事会メンバーがコミュニケーションを強化して協力を深め、政府の政策や貿易、金融、民生などのさまざまな分野でメディアの協力が行われることを希望する」と述べた。

この日の理事会創立総会では、人民日報社が初代議長として選出された。今後2年のあいだ人民日報社はBRNNの組織運営業務を統括することになる。李寶善(リバオサン)人民日報社長は、「今回の一帯一路ニュースネットワーク発足を契機に、メディア業界でも相互協力の成果が出てくると期待する」とし、「 互利共赢(互いに利益になり共に勝利する)の姿勢で、ともに前進していくことを希望する」と述べた。

BRNNは理事会メンバーと一般メンバーとに区分されて組織された。理事会メンバーは人民日報と新華社など15ヶ社の中国メディアと海外の有力メディアグループ25社が含まれた。韓国メディアの代表としては毎日経済メディアグループが取締役会のメンバーに選ばれた。

BRNN理事会は2019~2020年に運用目標を公布し、△BRNN公式ホームページおよびコンテンツの相互交流システムの構築、△一帯一路グローバル共同取材企画、△ジャーナリストワークショップやトレーニングプログラムの設置、△シルクロードニュースアワード制定、△BRNN一般メンバー募集の拡大、△年次定期フォーラムの開催、△メンバー間の二国間及び多国間の協力支援などを推進することで合意した。

この日の理事会の行事には、 黄坤明(ファンクンミン)中国共産党中央宣伝部長、李寶善(リバオサン)人民日報社長、ソン・ヒョンドク毎日経済新聞代表取締役などが参加した。
  • 毎日経済_北京=キム・デギ特派員 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-23 17:55:39.0