LG化学「歓声」...ボルボと10兆の契約獲得



LG化学は最大10兆ウォンに達すると推定されるボルボグループの、次世代電気自動車用バッテリーのサプライヤーとして最終選定された。

LG化学は15日、ボルボ自動車グループと「次世代電気自動車プロジェクト」に採用されるリチウムイオン電池の長期契約を締結したと明らかにした。具体的な供給規模は明らかにしなかったが、関連業界では次世代電気自動車プロジェクトが最近、5年以上の長期契約で専用プラットフォームを通じて大量生産するという点、ボルボが電気自動車を集中的に育成することなどを考慮すると、最大10兆ウォンに達するだろうと見込んでいる。

一例として、フォルクスワーゲンはMEBプロジェクトを通じて主要なバッテリー企業と2025年まで、約50兆ウォン規模のバッテリー供給契約を行ったことが知られている。

今回の契約でLG化学はモジュール型のプラットフォームにしたがって設計されたボルボと、ボルボの高性能電気自動車ブランドであるPolestar(ポールスター)の次世代モデルにバッテリーを供給することになる。

モジュール型プラットフォームは、さまざまな車両モデルに適用できるように作成された車体骨格をいう。これを利用すればコストを削減し、製品開発期間を縮小することができる。

ボルボは現在、小型車専用モジュールプラットフォーム「CMA」を活用している。 2020年代初めに次世代の中・大型電気自動車のモデルに使われるモジュール型プラットフォーム「SPA2」を公開する予定だ。

先だってボルボは、今年から新車は電気自動車のみを発売し、2025年までに全販売台数の50%を純粋な電気自動車で満たすという計画を発表している。

今回の選定の背景と関連して、ボルボ側は「LG化学は全世界の自動車業界にリチウムイオン電池を長期間にわたり成功裏に供給してきたリーダー企業として、技術的リーダーシップと責任あるサプライチェーン管理、価格競争力の面でボルボの厳しい購入ガイドラインを満たしている企業」だと説明した。

LG化学は今回の契約を通じてボルボとの戦略的協業関係を強化し、電気自動車用バッテリー分野で独歩の位置をさらに強硬にするものと期待している。

現在、LG化学の電気自動車用バッテリー受注残高は110兆ウォンで、自動車メーカーのバッテリー受注プロジェクトが大型化し、プラットフォーム化に伴ともなって受注規模は継続的に大きくなる見通しだ。 LG化学の電気自動車用バッテリーの売上げは2019年5兆ウォンから2020年10兆ウォンに、1年の間に2倍以上に成長すると見込まれ、第3世代の電気自動車が本格的に発売される2020年以降は成長が加速する見通しだ。

LG化学は英国のブランドコンサルティング会社のブランドファイナンス(Brand Finance)が発表した「2019年世界の自動車ブランドランキング上位20ブランド」のうち、メルセデス-ベンツ、フォルクスワーゲン、フォード、ボルボ、GM、ルノー、現代自動車などを含めて13のブランドにバッテリーを供給している。

チョン・ヒョンLG化学電池事業本部長(社長)は、「今回の契約は30年にわたり研究開発(R&D)を行い、全分野で継続的な投資を惜しまなかったので得ることのできた意味のある成果」だとし、「圧倒的な競争力でバッテリー市場をリードする企業としての地位をさらに強固にする」と述べた。
  • 毎日経済_カン・ドゥスン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-15 19:19:14.0