韓国セルトリオン社、2030年までに40兆投資

バイオヘルスケア事業に大規模投資 

セルトリオングループはバイオヘルスケア事業に、来る2030年までに40兆ウォンを投資する。これによって1万人の直接雇用をはじめ、11万人の新規雇用創出効果が発生すると予想した。

徐廷珍(ソ・ヂョンヂン)セルトリオングループ会長は16日、仁川広域市市役所本館で朴南春(パク・ナムチュン)仁川市長とともに共同記者会見を行い、2030年までの企業成長ロードマップを盛り込んだ「セルトリオングループビジョン2030」を発表した。ソ会長は「最近、李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長が非メモリ半導体(システム半導体)への投資計画と抱負を明らかにしたように、バイオ産業もそれ相当のビジョンを出すつもり」だとし、「私たちは世界最大の製薬会社であるファイザーを相手に挑戦に乗り出す」と意味を付与した。

セルトリオンは2030年までに40兆ウォンの財源をバイオ医薬品(25兆ウォン)、ケミカル医薬品(5兆ウォン)と、U-ヘルスケアなどの新事業(10兆ウォン)に配分する計画だ。投資額が最も大きいバイオ分野の場合、市場で販売されている3種のバイオシミラー(バイオ複製医薬品)を20種以上に増やす方針だ。

このためにバイオ医薬品の生産設備を、年間100万リットルの規模で拡充する予定だ。松島(ソンド)で稼働中の第1工場(10万リットル)と第2工場(9万リットル)に続き、第3工場を松島に20万リットル規模で追加で建てる。中国にも20万リットル規模の工場を建設し、初の海外生産基盤も整えることにした。ソ会長は「わが社だけでなくサムスンバイロジクスも松島に用地を確保して投資を準備中なので、両方を合わせると世界で最大のバイオ医薬品受託製造(CMO)」だとし、「原副資材の国産化を通じて中小企業が参入し、われわれと取引する外国企業も法人の形で進出することになると、松島はグローバルバイオバレーとして浮かぶだろう」と強調した。
  • 毎日経済_キム・ビョンホ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-16 17:52:07.0