現代建設、イラクで3兆の海水供給プラントの受注に成功


  • 鄭鎮行(チョン・ヂネン)現代建設副会長(左3め)が韓・イラク特使団と一緒に記念撮影をしている。


現代建設はイラクで3兆ウォン規模の超大型海水プラント工事を獲得した。 現代建設は22日、イラクでの総24億5000万ドル(約2兆9249億ウォン)規模の海水供給施設工事の落札意向(LOI)を受けていると発表した。現代建設は今回の受注戦で英国ペトロパックと英国バイウォーター社などの中東地域における海外建設大手を下した。

イラクで2014年、現代建設、GS建設、SK建設、現代エンジニアリングなど国内4社が共同受注したカルバラ製油所工事(6兆8000億ウォン)以来で最大規模の工事だ。今回の工事は現代建設が単独受注した。この工事はイラクの石油部傘下のバスラ石油会社が発注した、バスラ南部油田の原油増産のために油井に注入する1日あたり500万バレル容量の水の生産が可能な海水処理プラントを建設するものだ。
  • 毎日経済_イ・ヂヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-22 18:00:11.0