現代ロテム、ポーランドの3300億トラムの契約獲得



現代ロテム(イ・ゴニョン代表・写真)はポーランドで3358億ウォン規模の路面電車(トラム)事業を獲得し、現地の鉄道市場に初めて進出した。政界の圧迫などを勝ち抜いて千辛万苦の末に獲得した契約であり、今後の追加物量まで受注することになれば契約規模は5400億ウォンに達する。業界では現代ロテムが環境にやさしい未来の公共交通機関で脚光を浴びるトラム事業で画期的な」跳躍を成しとげて、国内外の受注に青信号が灯ったと評価している。

現代自動車グループの鉄道・防衛産業の系列会社である現代ロテムは12日、ワルシャワトラム(TW)が発注した123編成トラムの供給者として最終的に選定されたと明らかにした。

今回受注した路面電車は、ポーランドの首都ワルシャワ一帯の路線に投入する有架線(電線を通じて電力供給)電車だ。現代ロテムは受注量の全量を国内で製造し、2021年後半から現地に供給するという目標だ。トラムは列車1両に該当する「モジュール」が集まって1編成を成す。モジュールの数は3両や5両など、トラムごとにまちまちだ。現代ロテムがワルシャワに供給するトラムは123編成で、5モジュール1編成と3モジュール1編成など大きく2種類がある。現代ロテムのトラムは乗客を約240人(5モジュール時)を乗せて、最大時速70㎞で走ることができるように設計された。

現代ロテムが確定を受けた物量はいったん123編成だが、今後TW側から追加で発注されるであろうオプションの90編成に対しても受注加算点を得る。オプション物量まですべて獲得すれば、供給額は5400億ウォンに達する。

現代ロテムは今回の受注で、ポーランド鉄道市場に第一歩を踏み入れた。欧州のトラム市場にも本格的に進出する足場を作った。トラムは地下鉄に比べて工事費が8分の1の水準である上に、バスよりも輸送量が多いながらも維持・補修費は少なくてすむ。また、電気を使用する環境にやさしい交通手段として注目され、欧州と北米を中心にトラムの復活を検討する都市が多い。

現代ロテムはワルシャワトラム事業の最終落札まで続いた悪路を越えなければならなかった。この事業は2017年に初めて発注されて、チェコのSkoda(シュコダ)が1位のスコアを受けたが、現代ロテムはシュコダ側の提出書類に問題があると訴訟を提起して勝訴した。続いて、現代ロテムは昨年2月に再入札で最も優秀な成績を収めたが、逆にポーランド企業のペサ(PESA)が「行き過ぎた低価格の受注」だと契約を無にするために訴訟を提起した。ポーランド国立控訴裁判所(KIO)が今年4月にペサ側の請求を棄却した後になって、現代ロテムは契約を確定することができた。

現代ロテムは国内でのトラム実績がない弱点を克服し、世界で着実に受注を獲得して徐々に頭角を表わしている。同社が最初に受注したトラは2014年8月、トルコのイズミル市の38編成(5モジュール)だ。現代ロテムは2015年にもトルコのアンタルヤ市から18編成(5モジュール)を受注した。現代ロテムは国外の実績で得た自信で、国内トラムの受注も狙っている。
  • 毎日経済_イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-06-12 17:42:39.0