新しい主人さがすアシアナ航空…売却公告

売却額最大で2兆5000億ウォン予想 

アシアナ航空が新しい所有者を見つけるために本格的に乗り出す。

アシアナ航空の最大株主である錦湖産業は25日、同社が保有しているアシアナ航空株6868万8063株(31.0%)と、アシアナ航空が発行する新株(普通株式)の売却公告を出したと述べた。

売却主管社はクレディ・スイス証券だ。クレディ・スイス証券はアシアナ航空の入札参加の意向を明らかにした潜在的投資者に要約投資説明書と秘密保持確約書を与える。

その後は潜在的投資者を対象に投資説明書(IM・Information Memorandum)と予備入札ガイドなどの、売却のための書類全般を提供する方針だ。投資者は航空事業法と航空安全法が規定した航空輸送免許に欠格事由があってはいけない。

前日、アシアナ航空の終値基準の旧株買収代金は4500億ウォン水準だ。新株発行額と20~30%の経営権プレミアムが加わる場合、アシアナ航空の売却価格は1兆ウォン以上になると思われる。エアソウル、エア釜山、アシアナIDTなどの子会社を通じて売却する場合、売却価格は最大で2兆5000億ウォンを超えるという見通しも出ている。

アシアナ航空は大韓航空に次ぐ国内2位の航空会社で、国内航空産業の成長に合わせて魅力的な物件と評価されるが負債が7兆ウォンに達しており、主に大企業が買収戦に参加するものと見られる。現在までに買収意向を明らかにしたところは愛敬グループで、SKとハンファなどが買収戦に参加するだろうと市場は見ている。

錦湖産業側は「アシアナ航空の売却に関連する全ての意思決定は、錦湖産業が売却主幹社と協議して進めている」とし、「早いうちにアシアナ航空の正常な売却のために最善の努力を尽くつつもり」だと述べた。

錦湖産業側と債権団は、9月頃に予備適格候補(ショートリスト)の選定作業を経た後、10月に本入札を進め、今年中に売却作業を終える計画だ。
  • 毎日経済デジタルニュース局_ペ・ユンギョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-07-25 09:34:05