斗山バブコック、英原発と2億の設備契約


斗山重工業(会長パク・チウォン)の英国子会社である斗山バブコック(Doosan Babcock)は2000億ウォン規模の設備供給契約を獲得した。

斗山バブコックは5日、英国現地で「ヒンクレーポイントC」原子力発電所のプロジェクト設備供給契約を締結したと明らかにした。発注先はヒンクレーポイントC原発州事業者であるフランス電力公社(EDF)傘下の「NNB GenCo」だ。

斗山バブコックは現地企業のアルトロッドなど4社とジョイントベンチャーを攻勢し、機械・電気計測・空調設備などを共同受注した。

斗山バブコックが受注した金額は2000億ウォン規模だ。「ヒンクレーポイントC」プロジェクトは、英国で20年ぶりに新たに建設される原発という点で注目されている。

総3200メガワット規模で英国南西部のサマセット州に建設中であり、2025年に完成する予定だ。

斗山重工業によると、斗山バブコックは今回の原発建設再開前の1995年に建設された「サイズウェルB」プロジェクトに蒸気発生器を提供するなど、英国が世界初の原発を稼働した1956年から主要設備企業としての重要な役割を果たしてきた。今年の5月にも英国セラフィールド社と20年間で2兆2000億ウォン規模に達する、放射性廃棄物の処理のための設備供給の長期契約を締結した。

モク・チンウォン斗山重工業パワーサービスBG長は、「久しぶりに再開された英国の原発市場に参加しながら、グローバルな新規原発市場への進出のための橋頭堡を整えた」とした。
  • 毎日経済_ノ・ヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-09-05 18:03:25