斗山と現代ロテム…ロボット市場の開拓に拍車


  • 9日、京畿道高陽市のKINTEX(キンテックス)で開幕したロボット博覧会「ロボワールド」に斗山グループが参加し、ロボット技術を公開した。斗山ロボティクスの協同ロボットが作業をしている様子。 写真提供=斗山



列車と電車の開発・製造を主力にする現代ロテムは、ロボット事業を拡大するためにクセルペダルを踏んでいる。斗山グループも産業用ロボットと協働ロボット市場の拡大を図り、ロボットを未来新事業として推進している。人工知能(AI)と結合したロボットが投入される日は遠くないという展望が多く、戦場環境と生産現場も少なくない変化を経験すると思われる。

10日、現代ロテムは12日までKINTEXで開かれる「2019ロボワールド」に参加し、将来の産業環境に対応したロボット技術と無人化、モビリティ技術などを発表した。現代ロテムは今回の展示会で「モビリティ専門企業」をテーマに、民・軍の無人車両兼用多目的無人車両である「シェルパ(HR-Sherpa)」と、これをリモートで調整する制御システムをはじめ、ウェアラブルロボット3種を展示している。

斗山ロボティクスは展示場の前面に今回の参加企業の中で最大のブースを設け、斗山パートナーロボットの機能と活用性を発表した。高度の順応制御技術を活用した自動車換気およびヘッドレスト検査、2台の工作機械の前で実行する補助作業など、実際の生産現場に適用されている作業を展示した。映像処理と音声認識AIを適用したパートナーロボットも公開して目を引いた。
  • 毎日経済_ムン・ジウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-10-10 19:43:52