韓、10月1~20日の輸出…19.5%減

中国と日本は20%以上減少 

韓国の10月の輸出は半導体などの不振で、20日まで減少傾向を示した。

21日の関税庁によると、今月1~20日の輸出は268億ドルで、1年前の同じ期間よりも19.5%減少した。

操業日数は前年同期よりも一日少ない13.5日で、これを勘案した一日平均輸出額は13.5%減少した。

産業通商資源部の関係者は、「操業日数を基準にすると輸出の減少幅は悪くはなかったし、特に昨年同期はあまりにも輸出実績が良かったことから基底効果として見なければならない」とし、「月末に行くほど輸出額が増えるだけに、10月の輸出実績はもう少し見守るべきだろう」と語った。

主な品目別の輸出をみると半導体が28.8%減少し、乗用車(-6.5%)、石油製品(-38.4%)、船舶(-8.4%)などが減少した。

無線通信機器(44.8%)、家電製品(11.7%)などは、輸出額が増加した。

国別では中国と日本への輸出がそれぞれ20.0%と21.3%減少した。米国(-17.4%)、ベトナム(-2.3%)、欧州連合(EU)( - 36.6%)などでも輸出が減少した。

一方で中東(1.5%)とシンガポール(17.7%)などは輸出額が増加した。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-10-21 10:01:34