サムスン電子、研究開発に15兆投資…史上最大


サムスン電子はメモリ半導体(DRAM/NAND型)の不況長期化にともなう業績不振と、米・中貿易紛争などの国内外の不確実性の拡大など困難な経営環境の中でも、研究開発(R&D)に歴代最大規模の投資を行ったことが分かった。新技術の開発と将来の有望事業創出のために果敢な投資を続け、危機の中に新たな機会を模索するものとみられる。

14日にサムスン電子が公示した四半期報告書によると、サムスン電子は今年の第3四半期までに研究開発関連の費用として計15兆3000億ウォンを注ぎ込んだ。第3四半期の累積ベースで昨年(13兆3000億ウォン)を超える、これまでで最大の規模となる。

研究開発費が売上げに占める割合も、売上げ比で9%水準を維持した。業界ではサムスン電子が対内外の厳しい経営環境の中でも、未来の新事業発掘と主力事業に対する研究開発への投資を拡大する方針を継続しているものと解釈している。主力のメモリー半導体をはじめ、携帯電話などの完成品までの全分野で研究開発コストを増やし、競合他社との超格差を維持するという戦略とみられる。人工知能(AI)と5G、車両電装用半導体などの将来の事業と関連し、研究開発にも総力を傾けている。

サムスン電子は毎年、研究開発費を増やしている。サムスン電子は昨年、研究開発関連の費用として、前年比で11%増の18兆6600億ウォンを支出した。10年前の2009年(7兆5600億ウォン)と比較して2倍以上に増えた。

サムスン電子は今年、研究開発費の歴代で最大の規模の投資を行うと予想される。サムスン電子の社員数も、今年第3四半期の時点で10万5767人で過去最大を記録した。国内外の不確実性にもかかわらず、雇用創出に格別の努力を傾けたという評価だ。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-11-14 19:30:50