サムスンSDI、独BMWにEVカー用バッテリー供給

2021年から10年で3.8兆ウォン 

  • EVカー用バッテリー市場の展望


サムスンSDIは独BMWグループと3兆8000億ウォン規模の電気自動車用バッテリーを供給する超大型契約を締結した。 2009年から共同で研究開発を行いつつ始まった、サムスンSDIとBMWグループの「電気自動車用バッテリー」同盟は10年ぶりに結実を見た。

BMWグループコリアは21日、サムスンSDIと第5世代のバッテリーセルを購入するための長期的な業務協約を20日に締結したと明らかにした。これにより、BMWグループは2021年から2031年までの10年間で、29億ユーロ(約3兆8000億ウォン)規模の電気自動車用バッテリーをサムスンSDIから購入することになる。BMWグループはこの日、仁川の永宗島に所在するグランドハイアット仁川ホテルで、韓国の1次協力会社30社とともに「BMWグループ協力社の日」を開き、このような電気自動車用バッテリーの契約を再確認した。

BMWグループは未来のモビリティ市場を先取りするために、2025年までにエコカー25種の発売計画を最近に発表している。この中の12モデルは純粋な電気自動車だ。今後はより革新的なデザインと性能を備えたBMW製電気自動車が継続して発売される予定だ。このような次世代電気自動車にサムスンSDI製の第5世代バッテリーが順次搭載されることで、走行距離と高速充電などのパフォーマンスが向上するものと期待される。両社の過去10年の同行が、今後の新しい10年の同伴者につながる姿だ。

サムスンSDIとBMWは2009年に電気自動車の共同開発を発表し、協力を行い始めた。当時、世界の電気自動車用バッテリー市場での影響力が大きくなかったサムスンSDIと世界的な完成車ブランドの意気投合は、電子・自動車業界を驚かせた。 BMWは名前の価値よりも、小型バッテリーの分野で世界最大の容量の製品を何度も発表するなど、技術力を蓄積したサムスンSDIを最適のパートナーとして選択した。

サムスンSDIは2014年にBMWが出荷した電気自動車「i3」に、独占的にバッテリーを供給した。 i3に搭載されたバッテリーはひとつのセルの容量が60Ahで、発売当時は最大容量の電気自動車用バッテリー製品だった。これはスマートフォン用バッテリーに比べてセルあたりの容量が20~30倍に達するほどの大容量であるうえに、高出力・高性能のバッテリーだった。サムスンSDIは外部からの衝撃や充電異常など、車両の運行中に発生しうる状況に対する長期で細部にいたる検証を経て製品を供給した。

サムスンSDIとBMWは中・長期的な協力関係を構築するために、2014年に新しい業務協約を締結した。次世代素材をはじめ、電気自動車技術の長期的な共同開発とグローバルな事業展開も協力することにした。

サムスンSDIは事業の中心軸を携帯電話と情報技術(IT)などの小型バッテリーから電気自動車用バッテリーに移し、大規模な投資を通じて電気自動車用バッテリー事業を拡大している。 2013年に蔚山工場で初めて電気自動車用バッテリーを量産した後、2015年には中国の西安、2017年にはハンガリーにそれぞれ電気自動車用バッテリーの生産工場を建設し、グローバルな体制を構築した。昨年は電気自動車用バッテリー事業に約1兆8000億ウォンを投資したサムスンSDIは、急速に成長している市場規模に合わせて積極的な投資を継続する計画だ。

サムスンSDIは現在、BMWをはじめフォルクスワーゲン、ジャガー、フィアットクライスラーなどのグローバルな自動車メーカーを顧客に置いている。サムスンSDIは今年初めの米デトロイトモーターショーで、1回の充電で600キロメートルを走行できるバッテリーをはじめ、次世代技術である全固体電池の技術ロードマップを公開し、自動車業界の耳目を集中させた。

サムスンSDIはバッテリー素材のうちのニッケルの割合を高め、コバルトの割合を下げた「ハイニッケル系陽極素材」の開発にも力を入れている。ニッケルの割合を大きくすると電池のエネルギー密度が向上し、走行距離を伸ばすことができる。一方で、バッテリーの安定性は脆弱になりうるが、サムスンSDIは安定していながらも高いエネルギー密度を備えた素材の量産体制をできるだけ早く構築する方針だ。
  • 毎日経済_カン・ゲマン記者/チョン・ギョンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-11-21 17:36:06