LG商事、MPCをマスカット証券取引所に上場


  • LG電子が投資したオマーンのムサンダム・パワー・カンパニー(MPC)がムサンダム半島に建設した120メガワット級ガス火力発電所の全景。 写真提供=LG商事



LG商事はオマーンで投資した発電会社を、現地の証券取引所に上場した。国内の民間企業が投資した発電会社が、オマーンの証券市場に参入したのは今回が初めてだ。 LG商事は9日、海外民間資本発電事業のために投資した合弁会社ムサンダム・パワー・カンパニー(MPC)を、オマーンのマスカット証券取引所に上場したと明らかにした。

MPCは2014年にLG商事がオマーンの国営投資会社OOCと設立した合弁会社だ。設立当時、LG商事の株式保有率は30%だった。 MPCは先月、企業公開(IPO)を通じて全発行済み株式の40%である2820万株を公募して資金2300万ドルを確保しており、LG商事は保有株式30%のうち12%を旧株売却して690万ドルを確保した。

LG商事はMPCを通じて、オマーンのムサンダム半島に120メガワット級のガス火力発電所を建設し、電力を生産する民間資本発電事業を行っている。この発電所はムサンダム地域初の民間資本発電所で、2017年の完成とともに商業運転を開始した。 MPCはオマーン国営の水・電力会社OPWP( Oman Power and Water Procurement Company)と15年間の長期電力販売契約を締結し、ムサンダム地域に電力を供給している。

電力販売による収益はLG商事とOOCが持ち株比率の通りに分け持つ。LG商事はこの2年間の電力販売収益金で400万ドル以上を確保して、発電所の商業運転開始2年めで投資した全額(約1100万ドル)を回収することになった。旧株売却後もMPCの持分18%を保有しているだけに今後も配当収入を得ることができ、これを追加投資の財源として活用することができるようになった。

オマーンのムサンダム発電事業はLG商事が2010年、オマーン政府に事業を直接提案して始まった。ムサンダム半島は中東産の原油輸送の要衝であるホルムズ海峡に面しており、重要な戦略的地位を持った。
  • 毎日経済_ノ・ヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-12-09 20:30:07