韓・化学企業、化粧品原料を国産化…日本依存から脱却

テギョングループ系列社「エスビーシー」 

  • 全羅北道の群山に所在する「エスビーシー」工場の全景。写真提供=テギョングループ



「韓国の化粧品メーカーが日本に100%依存していた環境にやさしい日焼け止め原料のナノ二酸化チタン(TiO2)を、国内で初めてエスビーシー(SBC)が開発することに成功した。泰京(テギョン)グループはエスビーシーを筆頭に化粧品素材産業までを強化し、世界1位の無機化学素材企業に跳躍するつもりだ」


テギョングループのキム・ヘリョン会長(写真)は20日、全羅北道群山のエスビーシー第2工場竣工式でこのような抱負を明らかにした。キム会長は、「日本の輸出規制で、今年は日本の化粧品原料供給会社が無機系紫外線遮断原料であるナノ二酸化チタンの対韓国供給を制限したことで、国内の化粧品業界は超非常事態だった」とし、「エスビーシーがナノ二酸化チタンの量産に成功し、各化粧品メーカーは日焼け止めの原料調達時の困難から解放された」と付け加えた。

エスビーシー2工場は敷地面積9908平方メートルの生産棟2棟など、総7棟で構成された。 第2工場近くの第1工場ではナノ酸化亜鉛を生産してきたが、今後はナノ酸化亜鉛も第2工場のみで製造する。 第2工場ではナノ酸化亜鉛120トンとナノ二酸化チタン240トンなど、無機系紫外線遮断原料を計360トンを生産することができる。

キム会長は「来年には追加増設でナノ二酸化チタンの生産量を600トンほどまで引き上げ、無機系紫外線遮断剤の原料全体の生産量を720トンに拡大し、中国などの海外市場の攻略にも積極的に取り組むつもり」だと強調した。エスビーシーのナノ二酸化チタンは「テリカ(TELIKA)」というブランドで、国内の複数の化粧品メーカーに供給される予定だ。

化粧品業界によると、日焼け止めの原料は大きく有機系と無機系に分けられる。有機系の原料は製品を使用した後の30分ほどが経過し、紫外線が遮断剤に吸収されて始めて作用する。塗ると白く浮き立つ白濁現象は生じないが、汗で流されるために頻繁に重ね塗りをする。

一方、無機系では光をはじく原理で紫外線を遮断することから、塗ってすぐに作用する。代わりに白濁現象が起こる。最近は環境保護などの点から無機系原料を好む。ナノ二酸化チタンは紫外線のUV Bを、ナノ酸化亜鉛はUV Aを遮断する。最近ではUV A・Bのすべてをブロックする製品が人気だ。

エスビーシーのチョ・ヨンジェ研究所長は、「無機系紫外線遮断原料のうちで、米国食品医薬品局(FDA)が承認した物質は酸化亜鉛と二酸化チタンの2つだけだ。無機系物質は自然に優しいが、白濁現象のために相対的にあまり人気がなかった」とし、「エスビーシーが開発したナノ二酸化チタンは粒子をナノ化したおかげで、白濁現象がほとんど発生しない」と説明した。

ナノ二酸化チタンの設備に入ると、いくつもの巨大な「樽」が最初に目に入った。エスビーシーのシン・テウク生産研究本部長(工場長)は、「原料のイルメナイト(ilmenite)に塩基反応をまず最初に加えた後、中和→水洗→酸と結合→無・有機コーティング→乾燥→粉砕→包装過程を経てナノ二酸化チタンを作る」とし、「最も重要な工程はナノ状態に変える酸反応」だと述べた。

エスビーシーは酸化亜鉛・亜鉛粉末などを製造する企業だ。主な生産品はタイヤなどを製造するときに必要なゴムの酸化亜鉛で、世界のタイヤ製造会社のトップ10に供給している。昨年末の接続ベースで売上げ882億ウォンと営業利益27億ウォンを記録した。

エスビーシーは2011年にナノ酸化亜鉛を開発したことに続き、今回はナノ二酸化チタンの量産体制の構築にも成功し、新成長動力を整えることになった。テギョングループは泰京産業、白光素材、泰京化学、南営電球、京仁エコ化学、泰京ガス技術などを抱えている。昨年末の時点でのグループ全体の売上高は約5635億ウォンだ
  • 毎日経済_群山=シン・スヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-12-22 21:43:34