サムスン電子、14年目の2位固守…米国特許取得件数


昨年、サムスン電子は米国で2番目に多くの特許を取得して、この分野で14年連続で2位に上がった。多くの国で登録された特許を意味する特許群(Patent Family)の件数はサムスン電子が最も多く、グローバルで最大の特許保有会社として集計された。

15日、米国特許情報会社IFIクレームス(IFI CLAIMS Patent Services)が最近出した報告書によると、昨年に米国で登録された特許は33万3530件と集計された。

企業別では米IBM(9262件)が27年目で1位を守った。続いてサムスン電子(6471件)が2位を占め、2006年から14年目の2位を守った。特にサムスン電子は有効(active)特許群の件数では7万6638件を保有して1位に上がった。

LG電子は2805件を取得して6位に上がった。2018年(5位・2474件)と比較すると一階段下落した。続いてキヤノン(3548件)とマイクロソフト(3081件)が3・4位に上がり、5位はインテル(3020件)だった。アップル(7位)、米フォード(8位)、アマゾン(9位)の順で、中ファーウェイ(10位)は昨年初めて10位圏に進入した。起亜自動車は前年比で58階段上昇し、第41位(921件)を記録した。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-01-15 17:52:04