SKイノベーション…ヨーロッパの前進基地、ハンガリー工場稼働


  • ハンガリーのバッテリー工場で説明を聞くチ・ドンソプ代表(右)。 写真提供=SKイノベーション



SKイノベーションバッテリー部門のチ・ドンソプ代表は、就任後初めての海外事業場訪問先としてハンガリーの工場を選んだ。中国に次ぐ第2の電気自動車市場として、急浮上した欧州市場の攻略を加速化するという意志とみられる。

SKイノベーションは13日、チ・ドンソプ代表が9日にハンガリー国コマーロム市の電気自動車バッテリー工場を訪問したと明らかにした。ハンガリー工場はSKイノベーションがヨーロッパに建設した最初の電池生産基地で、2017年11月に工事に入って今年1月から電気自動車用バッテリーの生産を開始した。規模は年産7.5GWhで、約8500億ウォンを投資した。

チ代表は工場関係者らに会った席で、「電気自動車市場のメッカであるヨーロッパに前進基地を確保したということは、SKイノベーションのバッテリー事業に大きな意味」だとし、「SKイノベーションのバッテリー事業のマイルストーンになるこの場所を、グローバルベストモデルに成長させてほしい」と要請した。特に竣工から量産まで迫った日程にもかかわらず、滞りなく進行している社員に感謝の気持ちを伝えた。現在、SKイノベーションはハンガリー第1工場の向かいに9400億ウォンを投資して、年間9GWh規模のバッテリーを生産できる第2工場を建設している。

1・2工場の生産能力は、電気自動車約33万台に搭載できるレベルだ。 SKイノベーションの関係者は、「他のどの地域よりも欧州市場は電気自動車に対する関心が高い」とし、「ハンガリー工場がヨーロッパ市場攻略のための象徴であり、足場になるだろう」と説明した。

電気自動車用バッテリー市場調査会社のSNEリサーチによると、昨年1月から11月までに地域別の電気自動車用バッテリーの使用量は、前年同月との対比で中国が18.3%成長したのに対し、欧州は92.0%と大きな幅で増加した。欧州バッテリーの使用量は、米国の16.5GWhよりも4GWhほど多い20.9GWhを記録し、世界第2位の市場として急浮上した。
  • 毎日経済_ウォン・ホソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-13 19:00:38