日本人観光客が好きな韓国料理トップ10(6位~10位)


韓流がピークに達した2010年ごろよりは少なくなったが、それでも多くの日本人観光客が韓国を訪れる。

日本を訪れる韓国人がおいしい食べ物に魅力を感じるように、日本人も韓国料理を最も魅力的な要素の一つとして挙げる。

トリップアドバイザージャパンは直接食べてみたレビューと口コミを基盤にして今年、日本人に最も人気のあるお勧めの韓国料理と食堂を挙げた。

一口で魅了されて日本人が「マシッソヨ」(美味しい)を連発するという韓国料理を10個紹介する。まずは6位から10位を、1位から5位は明日の記事で確認のこと。

◆ 6位:アワビ粥(チョンボッチュク)

  • < アワビ粥 >


  • < アワビ粥 >

アワビは韓国だけでなく中国、東南アジアなど多くの国で高級食材として愛されている。日本でもアワビを食べるが、韓国のようにアワビをお粥にして食べることはないようだ。

トリップアドバイザーは釜山の海雲台ビーチにあるアワビ粥専門店をお勧めした。アワビ粥が初めてだと、緑色の外見に多少驚いたりもするが、一度味わったら抜け出せない味と評している。もっちりした食感に歯ごたえのあるアワビと内蔵まで…本当に想像以上の味だ。

◆7位:ソソカルビ

  • < ソソカルビ >


  • < ソソカルビ >

ソソカルビの由来はドライバーたちが昼食の時間が不足していることから立ってお肉を焼いて食べたことから始まったであるとか、立って食べる群れという意味だなど、諸説の由来がある。とにかく立って食べるソソカルビは日本人の目には異色にうつるようだ。

日本にも焼肉があるが、高くて安価に食べることができないという。特に言及されているソソカルビの店は珍しく練炭で肉を焼くところなので一層異色だそうだ。ただし肉と酒しか売ってないためご飯とキムチなどは持ち込みが可能だと紹介している。

◆8位:かき氷のソルビン

  • < ソルビン >


  • < ソルビン >

かき氷の元祖は台湾で、韓国には最初日本を経由して入ってきたと言われている。高級かき氷のソルビン(雪氷)は人気が高く、数年前に日本にも進出したという、見方を変えると逆転したと見ることもできる。

トリップアドバイザーのレビューによると味も良いが日本のカキ氷よりも種類と量が多いという。日本にもあるが直接、ソウルに来て食べたいと思う人もいるだろう。

◆9位:タコ炒め(ナクチポックム)&もつ鍋(コプチャンチョンゴル)

  • < ナクチポックム >


  • < コプチャンチョンゴル >

意外にもテナガダコの炒め物が好きな日本人が多いらしい。韓国人たちにも辛いほどなのに、辛いものが好きな日本人の辛味愛好家の間で人気なのだろうか。

牛骨スープに新鮮なタコとニラ、餅やニンニクをたっぷり入れて炒めるタコ炒め。あまりにも辛くて口が痛くなっても、一口、また一口と中毒になって食べてしまう。ある日本人はタコ炒めをご飯に載せて韓国海苔をのせて食べると辛さが和らぐと紹介している。

◆10位:サムゲタン

  • < サムゲタン >


  • < サムゲタン >

サムゲタン(参鶏湯)はあまりにも有名だ。日本人だけでなく数多くの外国人に好まれる韓国の代表的な食べ物だ。濃いスープに柔らかな鶏肉…。

サムゲタンを食べた日本人は多いが、トリップアドバイザージャパンは特においしい店として景福宮駅の近くのサムゲタン専門店を紹介している。自称サムゲタンマニアとレビューを残した日本人は数多くのサムゲタンを食べてみたが、「こんなにおいしいサムゲタンは初めて」と評した。
  • 毎日経済 シン・ユンジェ 旅行+エディター | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-03-03 03:54:46