「自分の声を出そう」…防弾少年団の国連総会演説



防弾少年団が韓国歌手としては初めて国連総会の演説に乗り出して、若い世代のためのメッセージを残した。

防弾少年団は24日(現地時間)、米ニューヨークの国連本部信託統治理事会会議場(Trusteeship Council Chamber)で開かれた国連児童基金(UNICEF)の青年アジェンダ「ジェネレーションアンリミテッド(Generation Unlimited)」発表イベントに出席し、メンバー全員が表彰台に登壇した。

この日、リーダーのRMが代表講演者として約7分のあいだ英語で行った演説で、RMは大韓民国の平凡な青年であり、防弾少年団のリーダーであり、個人的な経験を込めて率直なメッセージを伝えた。

RMは「10才ぐらいから他人の視線で自分を見て、誰かが作っておいた型に合わせて…自分の声を失っていった」とし、「音楽という安息の場所があったが、防弾少年団になった後も、多くの人々は私たちに希望がないと言うし、時にはあきらめたがる」と話した。

続けて「何百万枚のアルバムが売れてスタジアムで公演するアーティストとなったけれど、まだ24歳の平凡な青年だし、そばにいるメンバーとファンの愛と声援があるのでこんな成功が可能だった」とした。

それとともに、「LOVE YOURSELFシリーズアルバムを発売して、LOVE MYSELFキャンペーンを開始して以来、世界中のファンから生きることの難しさを克服し自分自身を愛するようになるのに役立ったという話を聞いて、さらに大きな責任を感じている。これからも一歩一歩進んで、いまや全世界の若い世代が私を愛していると堂々と語り、自分の声を出そう(Speak yourself)」と提案した。

これとともに「国家、人種、性同一性などに関係なく、自分自身に対して語り、自分の名前と声をつかむことを願っている」と強調した。

彼は「私は防弾少年団のRM、キム・ナムジュンであり韓国のアイドルでありアーティストとして、他の人のようにミスもするし傷つくことも多いが、いまや私は自分自身を全力を尽くして抱きしめて、少しずつ愛してみようと思う」と演説を終えた。

「ジェネレーションアンリミテッド」は、国連事務総長が率いる「国連ユース2030戦略(UN Youth 2030 Strategy)」の軸で、10~24歳の青少年と青年に対する投資と機会を拡大しようという趣旨で設けられたグローバル・パートナーシップ・プログラムだ。

防弾少年団はユニセフと一緒に、昨年11月から「真の愛は自分自身を愛することから始まる」という「LOVE MYSELF」キャンペーンを進めており、ユニセフの児童と青少年に対する暴力根絶キャンペーンである「エンドバイオレンス(#ENDviolence)」を後援している。
  • 毎日経済スタートゥデイ_ハン・ヒョンジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-09-25 14:17:07.0