上海での韓国単色画展…4万人をゆさぶる


  • 宝龍美術館(POWERLONG MUSEUM)第6館に架けられた金煥基(キム・ファンギ)氏の全面点描画4点。



単色画の海を歩いていた。単色の絵画はある瞬間には青(チョン・サンファ)だったし、白(パク・ソボ)であったし、赤(ハ・ヂョンヒョン)であり、風(イ・ウファン)だった。韓国美術のオークションでは最高価格の85億ウォンを記録した金煥基(キム・ファンギ)の赤い点描画「3-Ⅱ-72#220」。

一目で4点の金煥基(キム・ファンギ)の点描画が見えてきた。青い点描画「静か5-Ⅳ-73#310」(65億5000万ウォン)、黄色い点描画「12-Ⅴ-70#172」(63億3000万ウォン)、緑の照明「無題27-Ⅶ-72#228」(54億ウォン)が順番に架かっていた。国内では一度も見られない、韓国美術のオークション価格トップ1~4位がならんで架かっている驚異的な空間。ざっと見積もって268億ウォンの部屋だ。宝龍美術館の呂美儀副館長は、「金煥基が韓国のオークション記録を立て続けに破って、中国美術市場にも大きく知られるようになった。明るい色彩を駆使しながらも穏やかな雰囲気を表現できるのは、金煥基だけの独特な力だ」と説明した。

韓国を代表する私立美術館がサムスン美術館リウムであれば、中国では宝龍美術館がそれだ。 2017年、中国の宝龍グループ(寶龍集團)の許健康(シュジェンカン)会長が「中国伝統文化の前進、現代美術の発展」をモットーにして設立したこの美術館は、延べ面積2万3000平方メートルに10の館を運営する中国最大の民間美術館だ。 100億ウォンを超える作品がずらりと並ぶ収蔵品だけであいた口がふさがらなくなる宝龍美術館に「単色襲撃事件」が起きた。

昨年の11月8日、韓国の国際ギャラリーと協力して開幕した「韓国の抽象美術:金煥基と単色展」は、4ヶ月の大長征の末に有料観客4万人を集めた。 3月2日の閉幕に一週間を控えて、この場所を訪れた。

今後の1世紀のあいだ韓国美術を代表する「単色画」のグループ展は、作家の名前だけでも錚々たるものだった。金煥基氏、權寧禹(クォン・ヨンウ)氏、丁昌燮(チョン・チャンソプ)氏、朴栖甫(パク・ソボ)氏、鄭相和(チョン・サンファ)氏、河鍾賢(ハ・ヂョンヒョン)氏、李禹煥(イ・ウファン)氏らの1970年代から今日まで半世紀にわたる代表作79点が一堂に集まった。 13メートルの高さの天井から降り注ぐ自然光の下で、単色画はきらびやかに光を放った。

東洋美学に興味を持つ多くの中国の観客にとって、単色は見慣れないものではない。ハ・ヂョンヒョンの作品は陰陽思想の調和を追求してきた中国の伝統美術が好んできた技法と似ている。クォン・ヨンウは紙の材質に突破口を見出して、水墨画の境地を超えた新しい表現技法と様式を得た。チョン・チャンソプは中国でも新水墨画を介して試みられた、紙の接合と似ているという評価を得た。チョン・サンファは宋の磁器の亀裂のように描いて、親しみやすいという評価をもたらした。

美術館の入り口の設置作業をはじめ、李禹煥の代表作15点が一堂に集まったのも珍しいことだった。展示場を訪れた50代のある中国人観客は、「中国ではこれほどの規模で韓国現代美術の展示を見るのは不可能だ。だから多くの中国人が韓国美術には先入観を持っているはずなので、今回の展示は韓国美術に対する目を覚ます機会になった」と所感を語った。美術専門雑誌「アートレビューアジア」は、「韓国抽象美術の主要な流れを紹介しつつも、それぞれに内在した多様性を盛り込んでいる」と評価した。

同じ期間に宝龍美術館では張曉剛(チャン・シャオガン)、岳敏君(ウェ・ミンジュウィン)など「四天王」がすべて参加した、大規模な中国現代美術の企画展「アーティスト40X40...展」も並行して開かれた。この展示に参加した有名な中国人作家は、「韓国の大家らと同じ時期、同じ場所で展示を開くという事実が光栄だ」と喜びを明らかにした。

展示を企画したキュレーターのワン・チュンジェ氏は、「今回の展示で中国の観客らが韓国美術に好奇心と関心を持って見ることのできる、とても重要な契機となったという点が非常に意味がある」と述べた。

上海は中国の抽象美術の源流だった。 1930年代にフランスと日本に留学した庞熏琹(パンシュインチン)、倪贻德(ニイダ)などの当代の作家が美術団体「决谰社」を組織するなど、西欧モダニズムを積極的に受け入れて独自の方法で再解釈した都市だ。今回の展示が上海で開かれたことが、さらに重要である理由だ。

一時は日本や中国美術のように個性を認められず、「コリアンモノクローム」と呼ばれた単色画は現在、世界的なアートフェアで誰でも「Dansaekhwa(単色画)」と呼ばれる固有名詞になった。2015年の第56回ベニスビエンナーレの並行展示として開かれた「単色画展」が、ベルギーのレポートシアン財団特別展を経て上海まで到着してついに成し遂げた成果だ。 4年目の韓国美術史を書き換えている「単色画展」の、次の寄着地はどこかを見守るべきだろう。
  • 毎日経済_上海=キム・スルギ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-27 19:37:05.0