韓国で人気急上昇ペンス、釜山でのサイン会が大盛況…小学生から高齢者まで


韓国の放送局EBSのキャラクター、ペンスが釜山でのファンサイン会を盛況裏に終えた。

ペンスは去る26日、「BANDI&LUNI'S」釜山新世界センタムシティ店で事前オンライン抽選で選ばれた250名と会ってサイン会を進行した。

EBSの疎通型キャラクターであるペンスは無茶な行動で失敗する時もあるが、夢に向かって絶えず学び、挑戦する姿から、小学生だけでなく大人からも高い人気を得ている。

視聴者の声援に支えられて行われた今回のサイン会は、ソウルに次ぐ2度目のサイン会で、乳幼児と小学生だけでなく、20~40代の会社員、高齢者のファンまで、老若男女を問わず、さまざまなファンが集まった。

ソウルでサイン会が行われた時、ファンが釜山からソウルに上京してきたが、今度はソウルからペンスに会うために釜山に来る光景が繰り広げられた。ペンスを見るために約5時間、車に乗ってきた家族もいた。

あるファンは、四季の姿がおさめられたペンスの姿を絵に描いてプレゼントし、自分で作った巨大なかばんをプレゼントした。マグロのクッション、マグロ缶のケーキなど、様々なマグロ関連のプレゼントが続いた。

最後の当選者となったファンはペンスの前で涙を流し、ペンスはファンを励まして、ファンの名前を入れて「ないちゃだめ」と歌って、温かい雰囲気を作った。

ペンスのファンは4時間のあいだ進行されたサイン会の会場を離れることなく、最後まで残ってペンスを応援していた。現場を訪れた落選したファンもペンスを応援し、ペンスも彼らに対する感謝を忘れずに伝えた。サイン会が終わった後もペンスは得意技を披露して喜ばせた。

ペンスは今回のサイン会を終えて、「どれほど多くの愛をもらっているのかを確認した。とても感動して、空を飛んでいるようだった。この感動を忘れず、これからも幸せを与えるペンスになる」と所感を伝えた。

一方、この日のサイン会現場は韓国のEBS1と「ジャイアント ペンTV」YouTubeチャンネルで放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-10-29 09:30:31