「大君」チュ・サンウクが威風堂々圧倒的なカリスマを発散


『大君』チュ・サンウクが威風堂々、近寄ることが出来ないフォースを醸し出す初撮影現場が公開され視線を集めている。

来る3月3日初放送されるTV朝鮮ドラマ『大君-愛を描く』は弟を殺してでも手にしたかった愛、この世の誰も近づかせたくなかった女性を巡る二人の男の熱い欲望と純情の記録を描く作品だ。チュ・サンウクは「第2のイ・バンウォン」を夢見る挑戦者であり、野望に溢れたジニャン大君イ・ガン役を演じ、欲望の化身として歴代級の演技変身を行う。

これと関連し、チュ・サンウクが強いフォースを醸し出して部下の家に意味深長な訪問する姿が公開され関心を集めている。

ドラマの中でジニャン大君がジャヒョン(チン・セヨン扮)、ドゥクシク(ハン・ジェソク扮)姉弟の家で開かれた宴会に出席する場面。客間に向かっていたジニャン大君は歩みを止めて申し訳なさそうな表情でドゥクシクの肩に手を添え、その後謹厳なな雰囲気を形成するなどなめらかさとカリスマが共存する二重の魅力を発散した。

チュ・サンウクが圧倒的な「大君カリスマ」を発散する場面は京畿道龍仁市に位置するドラマセットにて撮影された。赤い韓服に青い道袍を重ね着して登場したチュ・サンウクはジニャン大君の意気揚々とした姿と強烈なオーラを発散、初撮影からキャラクターと完璧なシンクロ率を誇った。また手を後ろにまわして歩む余裕の歩み、本心を知ることができない眼差しとカリスマを見せてチュ・サンウクだけのジニャン大君のキャラクターを構築した。

加えてチュ・サンウクは相手俳優と庭を歩きながら肩にタッチする手の動き、話し方、立ち位置の把握など繊細な部分までチェックして演技呼吸を合わせていった。それだけでなく、寒波の中で長時間野外撮影を続けたチュ・サンウクは重みのある演技を繰り広げ、スタッフからカイロを受け取り嬉しそうな表情を見せる反転魅力で現場を笑顔にさせた。

製作陣は「チュ・サンウクはジニャン大君のキャラクターを自分の服のように消化するために外的なことはもちろん、演技的にも多くの努力を注いでいる。チュ・サンウクが愛する女性を手にするために、共に育った弟を脅かし、大君の身分で王の座まで狙う野心家ジニャン大君役をどのように表現するか期待して欲しい」と伝えた。

  • スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2018-02-13 10:50:37.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved