「素敵な姉さん」俳優・視聴者が信じる演出でJTBCヒット引き継ぐ


『よくおごってくれる素敵な姉さん』のアン・パンソク監督が「真の恋愛」ストーリーでJTBC興行史を引き継ぐ。

来る30日初放送されるJTBC新金土ドラマ『よくおごってくれる素敵な姉さん』(以下、『素敵な姉さん』)は「ただの知り合い」として過ごしてきた男女が恋に落ち作り出す「真の恋愛」を描くドラマだ。深い意味と繊細な感覚をすべて盛り込む演出により、信じて観るアン・パンソク監督が『妻の資格』、『世界の終わり』、『密会』以来JTBCにて4番目に作る作品として早くから関心を受けている。

2014年に『密会』でJTBCドラマに一線を引いたアン・パンソク監督。4年ぶりのJTBC復帰作となる『素敵な姉さん』を通じて前作とは違う平凡な男女の真のラブストーリーに集中する計画だ。信じて観る演出の大家アン・パンソク監督は「『素敵な姉さん』を最後まで見た視聴者が本当にまともな恋愛をしたように魂が揺さぶられれば嬉しい」と話した。鋭い社会風刺を毎回新鮮な演出で描き出してきたアン・パンソク監督であるため、ロマンスドラマ『素敵な姉さん』はどんな繊細な演出で視聴者の共感を引き出すのか関心が集まる。

アン・パンソク監督が作る演技派俳優たちの組み合わせも『素敵な姉さん』がJTBC興行史を引き継ぐ大きな役割を果たす予定。まずソン・イェジンとチョン・ヘインがそれぞれ長い間「単なる知り合い」として過ごし、3年ぶりに再会したことで「真の恋愛」を開始させるユン・ジナとソ・ジュンヒを演じる。「監督に対する信頼から作品を選んだ」という二人の言葉のように、アン・パンソク監督との出会いから誕生するシナジー効果がどんな反応を巻き起こすのか関心が集まっている。またドラマの中でジナとジュンヒの家族と会社の仲間たちに扮するキル・ヘヨン、チャン・ソヨン、パク・ヒョクグォンなどもまた信じて観る演出と演技の組み合わせを期待させる。

関係者は「アン・パンソク監督と大勢俳優たち、そしてJTBCの完璧な組み合わせが『素敵な姉さん』の観戦ポイントになる予定」だと伝えた。

続けて「最近視聴者の大きな愛を得たJTBCドラマ『品位のある彼女』、『ミスティ』のヒットのバトンを引き継ぐ『素敵な姉さん』にたくさんの関心を寄せて欲しい」と伝えた。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 / 写真=ドラマハウス、コンテンツK
  • 入力 2018-03-13 09:42:48.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved