パク・ヒョンシク、「スーツ」で期待が集まるほかにない理由


『スーツ(Suits)』パク・ヒョンシクが再び人生キャラクター更新を予告した。

トラブルメーカー世間知らず末っ子息子も、愛の熱病を患った財閥2世も、顔を隠して生きねばならない悲運の王も、特別な女性と恋に落ちた男も。パク・ヒョンシクが演じればすべて本物のようだった。性格も、特徴も心の中の痛みもすべて他の人物なのにだ。おかげでパク・ヒョンシクの人生キャラクターは作品ごとに更新された。

同時に大衆はパク・ヒョンシクをキャラクターに息を吹き込む俳優として期待するようになった。

パク・ヒョンシクが約1年ぶりにお茶の間に帰ってくる。4月25日初放送されるKBS2TV新水木ドラマ『スーツ』いて2トップ男性主人公の一人コ・ヨヌを演じる。これによりパク・ヒョンシクはチャン・ドンゴン(チェ・ガンソク役)と共に特別なケミストリーを披露しドラマを導いていくことになった。

パク・ヒョンシクが視聴者の大きな愛を受けることができた理由の中で絶対にはずすことが出来ないことは卓越したキャラクター表現力だ。どんな役割であろうとしっかり身につけた演技を披露し、キャラクターに息を吹き込んだため。『家族なのにどうして』の中の世間知らずの末っ子、『上流社会』の中の愛の熱病を患う男、『花郎』の中の顔の無い王、『力の強い女ト・ボンスン』の中の魅力男。すべて秀でた表現力から誕生したパク・ヒョンシクの人生キャラクターたちだ。

そんな彼が約1年ぶりにお茶の間に帰ってきた。それもパク・ヒョンシクと完璧なシンクロ率のキャラクターで帰ってくる。『スーツ』にてパク・ヒョンシクが演じるコ・ヨヌは偽新人弁護士だ。弁護士が夢であり、なる能力もあるがなることができなかった男。一度見て理解すればすべてを覚えてしまう天才的な記憶力と、どんな相手でも瞬時に武装解除させる共感能力を持つ男。明暗、鋭さと滑らかさなど両面的な姿を持つ俳優パク・ヒョンシクにぴったりの服のようなキャラクターだ。

大衆はパク・ヒョンシクが次期作『スーツ』でまた再び人生キャラクターを更新するものと期待している。現在まで公開されたコンテンツの中でパク・ヒョンシクの姿はこうした大衆の期待を充足してくれるものと思われる。ティーザー、ポスター、撮影スチールなどでパク・ヒョンシクは秀でた画面掌握力と存在感、これまでのパク・ヒョンシクの姿とが違った魅力のキャラクター誕生を予告したためだ。
  • スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2018-04-16 15:38:44.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved