「私たちが出会った奇跡」14話 キム・ミョンミン、ラ・ミランを振り切ってキム・ヒョンジュに

「私たちが出会った奇跡」14話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

「本当にあの人のことを考えるなら、あの人を解放してあげて」

去る15日に放送されたKBS2『私たちが出会った奇跡』(脚本ペク・ミギョン、演出イ・ヒョンミン、制作Aストーリー)14話ではソン・ヒョンチョル(キム・ミョンミン扮)が本格的に2つの家庭で暮らす様子と、現実の壁にぶつかったソン・ヘジン(キム・ヒョンジュ扮)とチョ・ヨンファ(ラ・ミラン扮)の話が繰り広げられた。

先立って、ソン・ヘジンを振り切ってチョ・ヨンファのもとへ行ったソン・ヒョンチョルはまだ解決できていないことがあると、もう少し時間が必要だと彼女を説得した。彼を引き止めていたチョ・ヨンファだが、最終的に銀行に出勤することに同意、ソン・ヒョンチョルA(キム・ミョンミン扮)の家から服を持ってくると言うと、ソン・ヒョンチョルは「行くな。行って変な言葉であの人を傷つけるな」とソン・ヘジンを庇う態度を取った。

これに驚いたチョ・ヨンファは自分の状況は眼中にないようなソン・ヒョンチョルに悲しみを吐露して、見る人を悲しませた。

感情がこみ上げて「体はあの女のものでも、心は私のものでしょう。なら、心を持ってこないと。その心を私に返してくれなくちゃ!あの女だけ大変だと思わないで。私も苦しい」と涙を流す彼女はどこか違うソン・ヒョンチョルを感じて混乱した。特にソン・ヒョンチョルが銀行から切られ、さらに拘束される可能性もあるという知らせを聞いたソン・ヘジンとチョ・ヨンファの出会いは視聴者の悩みをより一層深めた。ソン・ヒョンチョルB(コ・チャンソク扮)の魂が宿ってチョ・ヨンファのもとへ行ったが、体はソン・ヒョンチョルAのもので世界の非難を避けることができず、どちらを選択しても2人のうち1人は悲劇を迎えるからだ。

ソン・ヘジンはチョ・ヨンファに現実を直視させ、ソン・ヒョンチョルの幸せのために彼から離れるように頼んだ。悔しくてつらいチョ・ヨンファの気持ちは分かるが、この状況を解決する方法もなく、夫を失いたくもなかったはず。

また、ソン・ヒョンチョルがソン・ヘジンを恋しがる様子が見えて、彼の動きへの関心が大きくなった。

何よりもソン・ヘジンが病気だという知らせを聞いて、チョ・ヨンファを振り切って雨の中を走ってきた彼の姿は彼らの関係をさらに予測不可能にした。

このように『私たちが出会った奇跡』14話の放送ではソン・ヒョンチョルとソン・ヘジン、チョ・ヨンファの運命が興味深く描かれた。また俳優の熱演が視聴者を引き込み、彼らが出会う奇跡が何なのか関心がさらに集まっている。

一方、『私たちが出会った奇跡』は韓国で毎週月曜日と火曜日の夜10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2018-05-16 08:09:20.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved