「大軍」共演ユン・シユン&チン・セヨン熱愛否定…リアルなキスシーンが生んだ誤解


俳優ユン・シユン(32)がチン・セヨン(24)との熱愛説を否定した。

16日、ユン・シユンの所属事務所側は毎日経済スタートゥデイに「絶対に違う。付き合っていない」と熱愛説にあきれた様子だった。チン・セヨンの所属事務所側も「絶対に違う。『大軍』の俳優たち全員が親しいため起こったハプニング」と熱愛説を否定した。この日、あるメディアは放送が終了した朝鮮放送ドラマ『大軍』で呼吸を合わせたユン・シユンとチン・セヨンが熱愛中だと報道した。ドラマの中の愛が現実でも実ったとのこと。

しかし、2人の早い否定に熱愛説はハプニングで終わった。2人があまりにも親しいため熱愛説が浮上し、その背景には恋人として呼吸を合わせた『大軍』中のキスシーンが一役買った。

『大軍』でイ・フィ役を演じたユン・シユンは、ドラマ中、愛する女性のソン・ジャヒョン役のチン・セヨンと多くのスキンシップを繰り広げた。特に2人は涙を流しながらキスをするなど、お互いに対する切ない心を表現して実際に恋愛していると誤解するほどのリアルさを見せた。

一方、ユン・シユンは1986年生まれで2009年にMBC『明日に向かってハイキック』でデビューした。

以後、KBS2ドラマ『製パン王 キム・タック』、『最高の一発』などに出演した。 KBS2バラエティ番組『1泊2日』に出演中だ。

チン・セヨンは1994年生まれでSBSドラマ『大丈夫、パパの娘だから』でデビューした。以後、SBS『私の娘コンニム』、KBS2『仮面』などに出演した。
  • 毎日経済 スタートゥディ ペク・ミンギョンインターン記者 / 写真=TV朝鮮 放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-05-16 14:21:51.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved