ソ・ウンス「空から降る一億の星」出演決定…ソ・イングクと共演


ソ・ウンスがtvN水木ドラマ『空から降る一億の星』への出演を確定した。

『空から降る一億の星』はtvN『ナイショの恋していいですか!?』『ああ、私の幽霊さま』などを演出したユ・ジェウォン監督とドラマ『マイ スウィートソウル』、映画『初恋のアルバム 人魚姫のいた島』、『妻が結婚した』の脚本を担当して映画『愛を歌う花』を脚色したソン・ヘジン作家が意気投合して、より一層関心を集めている。

ソ・ウンスは劇中、留学を控えた陶芸家のペク・スンア役を引き受けた。良家のお嬢様であるうえ、どこに行っても目立つ美貌を持つが、過激な母親と優柔不断な父親の間で育ったせいか意外に自尊心が低い。そんな中、ムヨン(ソ・イングク)に会って初めて自由を知ることになり彼を愛するようになる人物だ。

ソ・ウンスはソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウンに続いて主演俳優としての出演確定ニュースを知らせ、ドラマに対する期待を高めた。新鮮なイメージと格別な話題性でデビュー以来、上昇を見せているソ・ウンスは特に前作『黄金色の私の人生』でその真価を証明している。

以降、YouTubeレッドのオリジナルドラマ『トップ・マネジメント』に抜擢されて撮影を終え、すぐに『空から降る一億の星』出演の便りを知らせた。
  • MBNスター キム・ソルジ記者 / 写真=ULエンターテイメント
  • 入力 2018-07-11 10:12:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved