カン・ホドン、父親の悲報受け「新西遊記」ロケ先から緊急帰国


タレントのカン・ホドンが突然の父親の悲報により緊急帰国している。

所属事務所SM C&C側は10日「カン・ホドンの父親が本日午前6時30分に亡くなった。葬儀は家族と親戚のみで静かに行う」とし「家族が故人を哀悼することができるよう配慮してほしい」と伝えた。

カン・ホドンの父親は長年患ってきた持病により死去したと伝えられた。

非公開の方針に基づいて出棺の日時などは伝えられていない。カン・ホドンは海外ロケ中に悲報に接して帰国している。カン・ホドンは4日、ウン・ジウォン、アン・ジェヒョン、ソン・ミンホ、P.O、ナ・ヨンソクPDなどのメンバーたちと一緒に『新西遊記5』撮影のため香港に出国した。カン・ホドンは当初撮影を終えて11日にメンバーたちと一緒に帰国する予定だったが、突然の悲報により急遽帰国することになった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2018-08-10 16:20:30.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved