ハン・スンヨン&シン・ヒョンス主演「十二夜」…金曜の夜を甘い夜に変えるロマンス


ミニシリーズ『十二夜』の制作陣が視聴を促した。

チャネルAミニシリーズ『十二夜』(脚本ファン・スクミ、演出チョン・ヒョンス)が制作陣のビハインドストーリーを公開し、視聴者の恋愛細胞を目覚めさせる、新しいロマンスの誕生を予告している。

チャネルAミニシリーズ『十二夜』は2010年、2015年、2018年、3度の旅行中に12回の夜を一緒に過ごす2人の男女の旅行ロマンスを描いたドラマだ。ニューヨーク出身の現実主義者ハン・ユギョン(ハン・スンヨン)と、日本出身のロマン主義者チャ・ヒョンホ(シン・ヒョンス)、正反対の2人が見知らぬソウルで出会って繰り広げるストーリーだ。

『青春時代』で呼吸を合わせたハン・スンヨン(ハン・ユギョン役)とシン・ヒョンス(チャ・ヒョンオ役)が果たして『十二夜』でどのようなケミを見せるのか視聴者をときめかせている。また、チャンネルAの自主制作、企画で6年ぶりにドラマを再開する作品として注目されている。

『十二夜』の制作陣は、「世界のすべての愛に質問を投げかけることがチャネルAドラマの今後の方向性」とし「『十二夜』は12回の短い出会いの間のときめく熱い愛と8年という長い時間が与える年代記のような縁が共存する独特のストーリーラインと形式美を兼ね揃えている。新たに始まるチャンネルAドラマの方向性を示していくのに遜色のない作品になると確信している」と『十二夜』を制作することになった理由を明らかにした。

また、『十二夜』はロマンスバラエティの新しい境地を開いた『ハートシグナル』に続き、同じ金曜日の夜11時に編成を確定し、制作陣は「金曜の夜、甘い愛の物語で1週間の疲れを癒してもらえれば。『十二夜』が『ハートシグナル』を愛してくださった視聴者たちの心ときめく恋愛細胞を再び目覚めさせることができればと思う」と付け加えた。

続いて「劇中、ハン・ユギョンとチャ・ヒョンオの愛は12回の夜のように熱く、8年という時間のように穏かに繰り広げられる。彼らの話を盛り込んだ『十二夜』が少しでも視聴者の方々の日常にとって癒しとなれば嬉しい」と視聴者に向けたメッセージを伝えた。

しっかりとした新鮮な企画力を誇るチャネルAミニシリーズ『十二夜』は来る10月に放送予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥディ キム・ジヨン記者
  • 入力 2018-09-14 15:01:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved